2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【 ジャックスの世界 】2

1 :伝説の名無しさん:2008/08/05(火) 12:46:52
前スレ
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/legend/1089271412/

2 :伝説の名無しさん:2008/08/05(火) 13:44:24
>>1
乙です

3 :伝説の名無しさん:2008/08/05(火) 16:01:57
>>1
乙です。もう続かないんじゃないかと心配してました。

ではプチ情報
フォークビレッジ音源、黒澤配布テープではLRが市販のものと逆です。
「ふるさとの歌」「イエスタディ」「いい娘だね」を持っている人は
すべてこのテープが元になっていると思われます。

4 :伝説の名無しさん:2008/08/05(火) 16:35:58
80年代以降のジャックス復権の功労者は
なんといっても黒沢氏と高護氏ですよね
そういえば高氏主催のジャックスファンクラブというのもありました

5 :伝説の名無しさん:2008/08/05(火) 16:35:58 :2008/08/06(水) 01:01:10
定本ジャックスの年表に載っているLIVEは
みんな音源が残っているのかなあ?
解散宣言の護国寺とか…


6 :伝説の名無しさん:2008/08/06(水) 18:35:40
裏切りの季節

仮OKテイクも
マスターテープに
残されてある。
との事。

7 :伝説の名無しさん:2008/08/06(水) 18:48:23
ジャックスの世界のバンドスコアって
永遠に出ないだろーなぁ
水橋春夫のフレーズは、耳コピ難しい。
シビレル!!

8 :裏斬りの華:2008/08/06(水) 22:46:25
かけっこしたっけ 海が見える
ふるさとの歌
・・・・ だっけ ずいぶん前に聴いたことがある。

これ 鎌倉のこと?

9 :伝説の名無しさん:2008/08/06(水) 22:50:00
>4 ヨンさま

そう 間違いなく 黒澤 & リメムバー・高 両大人です。

10 :ジャックス解放戦線:2008/08/07(木) 07:01:33
>>7 『ジャックスの世界』のバンドスコア
 どなたか出してくださいな。

作品は一人歩きする。といっても
 ピッチが狂ったまま
 ノイズ処理も施されないままの、ライブのブートや
 印刷の不鮮明なオリジナル盤コピーLPが
 海外から発信されるご時世です。

 当時(アナログ時代)の技術的限界を克服した
 今日的リイシューは充分可能と思われます。

 1960年代以来、
 国内の多くのファンたちの切望を
 数十年に亘って潰して置きながら、
 粗悪な海外ブートに対し抗議しない権利者。
 鳥渡、おかしいのではないでしょうか。

11 :伝説の名無しさん:2008/08/07(木) 07:49:15
毎朝出勤前に楽しみに見ています。
仕事場の先輩に詳しい人がいて、
いろんなこと教えてくれます。
http://www.therigannies.com/schedule.html
を見つけました。
何十年も昔のことなのに、私が生まれるずっと
前のことなのに、すごいと思います。
親はハッピーエンド「CITY」や甲斐バンド、
岡林信康を知っていますが、
ジャックスのことは聞いても皆目です。(29歳)

12 :伝説の名無しさん:2008/08/07(木) 23:48:16
なんでこここんな流れになったの?
ageてレスしてる奴本当に気持ち悪いんだけど。

13 :伝説の名無しさん:2008/08/08(金) 10:10:07
五月蝿いなあ、気持ち悪いんなら来なきゃいいじゃん
君、前スレからイチャモンばっかりつけてる有名なイチャモン太郎でしょ?

14 :伝説の名無しさん:2008/08/08(金) 10:51:31
>>7
“ギターが弾ける”ならコピー出来るはずです。
頑張ってください。

15 :伝説の名無しさん:2008/08/08(金) 12:47:16
>>12     以前の流れ どんなん だった   ですか?

16 :元族兼うつ病サーファー:2008/08/08(金) 13:35:41
>>7
昔でたジャックスの資料本にコードは全部でてたぞ!
どうせインプロヴィゼイションなんだから自分のフレーズで弾ける男になれ!
スケールの1つくらいわかるだろうがぁあ!

まずはモッズのコピーからはじめるほうがよい

17 :伝説の名無しさん:2008/08/08(金) 13:43:16
>>16
元族兼うつ病サーファーさん、ありがとうございました
モッズって鈴木ヒロミツさんがいたグループですよね
今度聞いてみます

18 :元族兼うつ病サーファー:2008/08/08(金) 13:58:12
それはモッブスじゃあああ〜!!!



19 :伝説の名無しさん:2008/08/08(金) 14:25:06
失礼いたしました

MOPS>>>>>>>>>>>>>>>>>>>MODS

ということでよろしいでしょうか?

20 :元族兼うつ病サーファー:2008/08/08(金) 14:36:04
まあな、ついでに

アルバート・アイラー、富樫雅彦、オーネット・コールマン>>>>>>>>>>>>>ジャックス

だぞ!

21 :ハーレィ・D・堀田:2008/08/09(土) 22:10:52
面白い
実に面白い。
少し
面映い。

22 :金子みすヾ:2008/08/10(日) 05:51:11
>>12さま
荒らしの板が好きさ…
ツッコミ、いつもご苦労さん。
お目付け役、これからも
ガンバってね。
アー、スレ、スレ。

>>13さま
みんなちがって みんないい 

23 :勝手におすすめ:2008/08/10(日) 06:45:04
御茶ノ水の老舗ジャズハウス「NARU」を
知っていますか。
1969年、故成田勝男氏(当時23歳)が
創めた店で、木田高介と角田博民の出会いとなった
店です。http://www.jazz-naru.com/m_dojo3.html
水橋春夫の脱退にジャックスは崩壊し、蛇行を
余儀なくされていましたが、
JACKSと休みの国はここからはじまった
のですね。http://www.jazz-naru.com/information.html

24 :伝説の名無しさん:2008/08/10(日) 10:07:24
ジャズと演劇とビートルズ、それからガロと大江と歌謡曲

ジャックスの構成要素ですね

25 :伝説の名無しさん:2008/08/10(日) 17:28:14
>>23
30年前に、カティーサークのボトルキープしてたのが
NARUだったような気がする…違ったかなあ?

26 :今日もペヤング:2008/08/10(日) 22:45:01
風月堂とNARU
ジャックスの構成要素ですね。

芸大で同級だったという
中川昌巳氏に 桂氏(木田氏)のこと
伺ったことがある。
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/nkgw-music/




27 :伝説の名無しさん:2008/08/11(月) 00:46:36
俺は松村雄策でジャックスを知った。
鳥居額によれば、当時の日本で唯一ドアーズと「精神的には」同じレベルに達していたのが
ジャックスだったそうだ

28 :伝説の名無しさん:2008/08/11(月) 05:17:24
定本でネタバレしてたね
恩師だったか演劇の先生だったか忘れたけど

29 :今日はもりそば:2008/08/11(月) 07:50:45
ドアーズ、ジム・モリソンの墓に行ったことがある。
偶然なんだけどパリに行った時、ペール・ラシェーズという
大きな墓苑に行った時、見つけた。
エディット・ピアフやモジリアニ、ショパンの墓の近くにあった。
霊園というより公園という感じで散歩を楽しんでいる人が多く、
墓石も現代彫刻風のものが多かった。 

30 :ぱるち坐:2008/08/11(月) 08:08:43
>>27
松村雄策ってLP数枚買ってみたけれど、
ちっともいいと思わなかった。
>>28
ジャックスの「精神的」レベルについては
まだまだ言及する研究者が出てきそうですね。
根の深いところでしっかりと踏ん張ってる。
相沢靖子氏も語っていたように、
その根底は、とても健康だもの。
それが、ほかのフォークシンガーとの
決定的な違いでしょうね。
昨晩のNHK「大集合・青春のフォークソング」を
聴いていて、つくづくそう思いました。
五も六もみんなショボくなったね。
幅が感じられない。
早川氏の「赤色のワンピース」聴きたいね
と一言、80になる婆ぁちゃんが言った。

31 :みっけ・げっと:2008/08/11(月) 10:52:55
★LP盤レコード 楽しい童話特選集 日本のおはなし全8話★

4話.つるの恩返し
脚色・作詩/平松仙吉,作曲/只野通泰,演奏/ハモンド:道志郎
ハープ:夏目喜代子,パーカッション:大谷和夫,ピアノ:浮田美代子,
語り手/財部宏子
★1977年2月 日本コロムビア株式会社より発売

32 :伝説の名無しさん:2008/08/11(月) 13:04:41
ageてる奴、全員自作自演臭い

33 :ぱるち坐U:2008/08/11(月) 13:27:58
>>32 全員自作自演臭い
これには疑問アリ。
この流れの面白さが判るならネ。
それは在りえない。精査スレば?

【平松仙吉】先生を今度詳しく調べてみよう。
賢治・南吉、児童文学、とくれば、
【梅根悟】とくる。
やっと、【和光】と児童教育と
ジャックスの生成が繋がった。
嬉しい。
ありがとう。

34 :33 補足:2008/08/11(月) 13:34:33
我々団塊世代が少年期に読んだ
児童雑誌の執筆者が【平松仙吉】
であり、監修者が【梅根悟】
だったのだ。
そして【ジャックス】

この流れは、大学の卒論のテーマになるよ。

35 :補足  其の弐:2008/08/11(月) 13:47:12
梅根悟『小さな実験大学』
http://www.ceres.dti.ne.jp/~ysk/wako/zikken/

人間科学科のこと
http://www.ceres.dti.ne.jp/~ysk/wako/zikken/1972-02y.html

早川氏たちは、和光大の「人間関係学科」第一期だったよね。
たしか。

36 :ぱるち坐 V:2008/08/11(月) 14:12:40
自由連想とその内容の吟味

Googleで【木田恵子 精神分析】を検索してみた。
「自由連想とその内容の吟味」は木田恵子氏の
独自の世界だったようで、「世界」「奇蹟」での詩作も
その一環だったようだ。

高介氏が事故死された時のことを、
分析家としての立場から書かれたものに
『「0歳人・1歳人・2歳人太陽出版』があり、
『喝采症候群 彩古書房刊 1986年』も興味深く読ませていただいた。

37 :伝説の名無しさん:2008/08/11(月) 15:21:07
>>30
俺も松村で知った
苺畑のヒッチハイカーは名曲だと思う

38 :元族兼うつ病サーファー:2008/08/11(月) 15:24:14
松村といえばやっぱ猪木じゃねーのか!てめーら!

39 :伝説の名無しさん:2008/08/11(月) 15:50:43
通常、スレッドにて発言(レス)すると、そのスレッドは「上げ」られ、掲示板の最上部で表示されるようになります。
さらに同じ板の別のスレッドで発言があるとそのスレッドが「上がり」、
最初に自分が書き込んだスレッドはだんだん下の方に下がっていきます。
なお、メール欄に半角で「sage」と記入するとその発言で「上がる」ことはありません。
「上がる」と荒らしの目に留まりやすくなるので、それを防ぐために利用します。

40 :30 :ぱるち坐:2008/08/11(月) 15:57:16
>>37さん
松村雄策
「苺畑のヒッチハイカー」
今度、きちんと向かい合って
聴いてみたいと思います。



41 :伝説の名無しさん:2008/08/11(月) 18:32:03
>>40
ぱるち坐さん>>39さんのアドバイスを参照して「下げ」進行でいきましょう
せっかくdeepな話題で進んでいるのに荒らされてはもったいないです

42 :伝説の名無しさん:2008/08/11(月) 20:44:41
ジャックスの「精神的」レベルとか
神がかり的な評価とかで
ジャックスを見るのは
あまり好きじゃない。
音楽好きな青年がアマチュア・バンド組んで
歌書いて、歌って、演奏してたフツーのバンド
って見方すると
興奮する俺。


43 :伝説の名無しさん:2008/08/11(月) 23:51:41
今回も、モノラル?
ttp://diskunion.net/jp/ct/detail/IND2541

44 :伝説の名無しさん:2008/08/12(火) 02:23:45
完全版! スゴイねコレは 
早川さんは許可したのかな? 
無事に発売されると良いなー

45 :みっけ・げっと スル :2008/08/12(火) 10:10:54
>>43 >>44
スゴイ、スゴイ。 diskunion.get.dot.com.com.kitt.com//!!

46 :ぱるち坐san:2008/08/12(火) 10:29:55
>>43 http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND2541
折角の嬉しい案内なのだけれど検索うまく行かず、すこし補足。

ジャックス コンプリート・腹貸し女 ウルトラヴァイブ
/ JPN / CD / CDSOL1265 / IND2541 / 2008年10月04日 / 2,520円(税込)

http://diskunion.net/jp/ct/sub/116/0/2
これでうまく情報ゲットできるかな。

とにかく嬉しくってたまらん。
今日は「リメインズ」聴きながら、
ツイカ 痛飲だ。(ツイカ って 強い蒸留酒よ!!)
オイ!! ツイカ 追加DA!!
今宵は呑もうゾ!!
DA DA DA DA!DA DA DA!!



47 :tosiyoriの季節:2008/08/12(火) 10:54:53
>>42さん
>音楽好きな青年がアマチュア・バンド組んで
>歌書いて、歌って、演奏してたフツーのバンド
>って見方すると
>興奮する俺。

そりゃぁそうかもしれんけれど、
やっぱり、ちがってたのよ。
だれかが ▼ 書き込んでいたけれど、まさに同意。

109 :伝説の名無しさん[]:04/10/20 15:54:05
『ジャックスの世界』は、まさに神が降りてきた一枚だと思う。
あの声、あの歌唱力、あの詩、あのメロディー、あの演奏、あの若さ、あの時代…。
何一つ欠けてもダメだったと思う。うまく言えないけど、全てが奇跡だと思う。

歳とってみると、まさにあのころの日々そのものが
自分にとっての地獄の季節であり、神が降りてきた一季節だった
と思えるのよ。ジャックスとの出逢いは、逢着だった。 (59歳)

48 :59歳 A:2008/08/12(火) 12:28:37
>>42さん
こんなのも【ジャックスの世界】スレでみつけました。

>> 809 :伝説の名無しさん[sage]:2007/09/26(水) 22:31:43
>>    個の最深部にのみ普遍があるのだ。

これなら、
>>  音楽好きな青年がアマチュア・バンド組んで
   歌書いて、歌って、演奏してたフツーのバンド

と、【個の最深部】と繋がる気がする。
>>42さん >>809さん 有難う。

49 :42:2008/08/12(火) 17:42:39
ロック音楽に対して
何につけ
肩書きや
カテゴリーを
とっぱらって興奮したい
って言う欲求がありまして。
とくにジャックスに関しては
音楽ライターどもの
ナルシスティックな表現にヘドが出そうでして・・。

水橋春夫在籍時 音源発売 バンザイ!!

50 :伝説の名無しさん:2008/08/12(火) 21:07:17
>>49
わかります わかります おっしゃるとおりです
でもね1960年代後半、ジャックスだけは本当に特別な存在だったのですよ

当時新宿に風月堂というアングラ文化のるつぼのような店があり
著名人もだれかしら入れ替わり立ち替わり来店していました
しかし店に早川氏があらわれるとその場の空気がかわりましたよ
作家もいた、写真家もいた、画家や映像作家、役者も演出家もいた
しかし早川氏とその仲間たちはそれらを古臭い前時代の遺物にしてしまいかねない
(純日本製の)ロックミュージックというとんでもないものを創造しつつあったのです
羨望と好奇を一心に受ける、まさに時代のカリスマでしたね

51 :伝説の名無しさん:2008/08/13(水) 00:05:36
>>43
これは凄い
辛抱たまらん
予約してしまおか

52 :伝説の名無しさん:2008/08/13(水) 03:58:11
>>51
ね、「定本」にも載ってなかった曲とかあるしね。
新たにマスターが見つかって良かったよね。
楽しみだ


53 :伝説の名無しさん:2008/08/13(水) 08:17:41
>>50
ありがとうございます。
当時の空気をもっと教えてください。

54 :53:2008/08/13(水) 08:28:10
覚えているのは、70年代の「青蛾」と「らんぶる」
「ジロー」「ぽえむ」等々…
「風月堂」はすでに伝説でした。
永島慎二「フーテン」は甘く、
「漫画家残酷物語」の舞台はむしろ
1950年代後半から60年代前半で、
地方にいたものには想像のなかでの
時代空気感だったのです。

55 :42:2008/08/13(水) 09:50:19
>>50 当時の状況が良くわかりました。
ありがとうございます。
リアルに伝わりました。

〜あの演奏、あの若さ、あの時代…。
何一つ欠けてもダメだったと思う〜
に、つながりますね。

56 :42さま 49さま:2008/08/13(水) 10:43:05
42さん 好きよ。
>>49
>とくにジャックスに関しては
>音楽ライターどもの
>ナルシスティックな表現にヘドが出そうでして・・。

1960年代、70年代の評論家は、
もっとひどかった。
屁にもならない連中だった。
T1、M1 なんて糞だったよ。

57 :伝説の名無しさん:2008/08/13(水) 11:09:17
F1もな。


58 :56:2008/08/13(水) 13:46:28
A1氏 がいたからこそあの情況下で音が残ったのだ。
A1氏 当時、駆け出しでフォークルとジャックスを手がけられた。
炯眼に感謝するほかない。

地下唱片倶楽部のH氏は△−3くらいか。
故人に鞭討つのではないから、せめて
録りの劣化せぬ間に封印解除してよ。
泉下の黒澤氏よ、動いてくださいな。

59 :恨(HAN):2008/08/14(木) 10:01:53
早川義夫公式サイトを初めてじっくりまじめに読みました。
ESSEI−19に 「アンケート 証言・1968 昭和43
「団塊パンチ 創刊3号」(飛鳥新社) 2006年11月5日発行
に寄せた氏の一文があり、一行目に「風月堂」のことが
でていました。
ほかにも早川書店の店頭、店内らしき写真、懐かしい写真もあり
氏の御両親の御写真もあって、お母さんが早川氏そっくり似、
ご主人の腕に寄り添うお姿に氏の音楽が重なりました。
「早川義夫をこの世に出してくださって有難うございます。
私はあなたの息子さんの音楽に救われ扶けられ支えられた者です。」

合掌していました。 

60 :伝説の名無しさん:2008/08/14(木) 14:13:30
果てしなく気持ち悪い流れだなあ。いくらなんでもジャックスを神聖化、美化し過ぎ。
40年も過去の事ばっかでまったく頭が進歩してない(もちろん早川さんの言っていた悪い意味で)。

ここの連中は当然今の早川義夫なんか観に行かないんでしょ?


61 :伝説の名無しさん:2008/08/14(木) 14:24:14
別人だからね

62 :伝説の名無しさん:2008/08/14(木) 14:53:23
だからジャックス・スレ

63 :62:2008/08/14(木) 14:57:24
>>60様 少しパロらせていただくことをお許しください。

>いくらなんでもビートルズを神聖化、美化し過ぎ。
>40年も過去の事ばっかでまったく頭が進歩してない。

>ここの連中は当然今のポールなんか観に行かないんでしょ?

64 :莫迦耶楼:2008/08/14(木) 15:09:48
>>60
>>59をよく読んでみろ。
きちんと【今】の早川義夫と
向き合っているじゃないか。

俺はそう読んだ。
ともあれ
完全盤「腹貸し女」
無事の誕生を。

65 :伝説の名無しさん:2008/08/14(木) 20:55:39
亀レス申し訳ない。
68年にジャックスのライブを見て心の底から揺さぶられた。
その後平凡としか言いようのない生活を送っているがあの夜
の記憶は深いところで自分を支えていると思う。


66 :潜龍:2008/08/14(木) 20:59:57
>>60
貴様のような奴を以って
かつて早川氏は
「へうろんかはなにをうみだすのでへうか」
と問い
「彼らは、足で煙草をふかせてりゃぁいいんであって」
とその態度に激越に同時代から訣別し、
劫初に向かっての永い沈潜をしたのだ。

67 :60様:2008/08/14(木) 21:01:44
もっとさびしくなんなさい。

68 :65様:2008/08/14(木) 21:06:00
有難う。

69 :iitosikoite:2008/08/14(木) 21:26:24
うれしいなあ。
待ち遠しいなあ。
今日もhttp://ime.nu/diskunion.net/jp/ct/detail/IND2541
クリックしてました。
ほんと
C学生みたい。

70 :今もC学生:2008/08/14(木) 22:50:39
>>65亀レス申し訳ないさん
ほんとそう。私は69年に3回、70年に1回、
目の当りにした。
【馬鹿囃子】や【偽セ丘】やらがステージで
ジャックスのこと、早川氏のこと揶揄るのを見て
子供ながらに関西フォークの底の浅さを知った。
お説教がましいこと歌にする割に奴ら軽いのよ。
突き詰めたところから尚も拡がってゆく。
その圧に耐えられないんだろ。そう思った。

1970年最後の2LPで、
高田渡たち【三馬鹿トリオ】が【馬鹿囃子】を
完全に喰っていたのを今も忘れない。
今度の久々のリイシューだって、俺は本物じゃない
と思う。
一度ニセ餃子喰わされてみな。二度喰うか?

コンプリート『腹貸し女』楽しみだな。
ウルトラヴァイヴ・高さん、有難と。
絶対購うよ。

71 :元族兼うつ病サーファー:2008/08/14(木) 22:59:52
ラリーズとか菊の紙ジャケとかチマチマ買ってる場合じゃないよな

72 :42 (水橋春夫信者):2008/08/14(木) 23:15:08
>>65 1968年のジャックスのライブでの
   水橋春夫氏のギター演奏の印象、または感想
   記憶の断片が残っていらしゃれば
   教え願いますか?


73 :伝説の名無しさん:2008/08/15(金) 00:33:25
>>65>>70
ジャックスのライブをリアル体験!!凄すぎです
われわれニホンジンにとってはジミヘンやジムモリスンのライブを体験するよりも
貴重なものだと思います
記憶に残っている事、どんなことでもかまいません
教えてください

74 :今もあのころの儘:2008/08/15(金) 00:48:07
>>73
ありがと。
>われわれニホンジンにとってはジミヘンやジムモリスンのライブを体験するよりも
>貴重なものだと思います
ほんと。そうだよね。

75 :70:2008/08/15(金) 01:02:47
>>73さま
美大に行ってた従姉に連れられ
行ったのが、あんぐら音楽祭であり、
五つの赤い風船とのジョイントであったりしました。
あんぐら音楽祭
私の真後ろに福田一郎が居りました。
ロールオーバーゆらのすけ
の、ベースとサイドギターの刻みの音を
今もって忘れません。
リコーダーを吹くヒーロー
高石友也が妙にぶかっこだったのを
覚えています。
高校二年の春でした。

生徒会の会長がやはりフォーク好きで
生徒会室に「ジャックスショー」のポスターを
張って居ました。
美術の教師がそれを見て
「絵金」を教えてくれました。
麿赤児により「絵金」が映画化される
前後でした。
生徒会会長のT君は26歳で瓦斯自殺しました。

76 :伝説の名無しさん:2008/08/15(金) 01:20:52
福田一郎かw
こいつのせいで、ジャックスは苦しんだんだよな。

>>60
ジャックススレで今の早川云々言われてもなあ、どうせいと?
93年、再デビュー前に新宿のPスタジオで練習してたよ、早川さん。

77 :76を拝読して:2008/08/15(金) 07:58:48
ぴちぴちした母親のおっぱいを
もっともっとたくさん含みたかったのに
ふくらんだおっぱいは
いっぱいこんこんと噴出していたのに
急に断乳された。
というのが、いつまでもこのように
ジャックスの幻影を追っかける
ことなのかなぁ。

30数年経って母親が
わたしの気持ちはあのころと同じだから
といって
しなびたおっぱい
ふくませようとしても

ニコニコしながら
寄ってこられても
ひとりポツンと
去ってゆく母の背中を
みつめていた【心】は
もう開かないし
届かない。

78 :水橋春夫信者様:2008/08/15(金) 08:35:26
「腹貸し女」録音もさることながら
かつてソリッドで一部CD化した
1968年の神戸国際会館での
アングラ音楽祭のLIVE。

秦政明氏が招聘し記録した中で
あれがベストテイクかな。

79 :伝説の名無しさん:2008/08/15(金) 10:29:58
>>76
フクピン
豪そうにしていたなぁ。

80 :42 (水橋春夫信者):2008/08/15(金) 18:08:46
>>78  われた鏡
のイントロで水橋氏のギター弾き終わって
間が開いて早川氏が歌い始める
あの適当さが、カッコイイ。


81 :元族兼うつ病サーファー:2008/08/15(金) 21:14:52
>>78
コンプBOXがでた当時、よくブートを売りつけようとする手紙(当時はネットもケータイもない時代)きたよなw
無論、俺はスペルマを放出してぬりたくった物を返送してやったわけだがw

82 :ほんとですか?:2008/08/15(金) 22:50:18
>>78 >>81
すごい話ですね。
個人情報が漏れた
というより
それって
大問題じゃないですか。

83 :御免:2008/08/15(金) 22:52:27
もう、気持ちが萎えた。
御免。

84 :御免:2008/08/15(金) 22:53:23
>>78 >>81
もう気持ちが萎えた。
御免。

85 :伝説の名無しさん:2008/08/16(土) 00:31:25
>>81 でも、あのリストって頭警、フラワー、村八分、ラリーズ…
けっこう良かったよ。未発表音源で。
ジャックスだけはカウンターフィットだったけど。

86 :伝説の名無しさん:2008/08/16(土) 07:22:41
>>81 >>85
どんな内容だったのでしょうか。

87 :伝説の名無しさん:2008/08/16(土) 08:42:15
水橋のギターはなんかU2やレディヘの空間的な音使いを先取りしてるような気がする
三味線の合いの手に聞こえる時もある
全く独創的

88 :空(COO):2008/08/16(土) 10:45:50
>>87
僕はあのころ「スプートニクス」の音と
かさねてた。

89 :伝説の名無しさん:2008/08/16(土) 11:15:25
>>86
●ジャックス
日仏会館68/7/24 ¥3500
厚生年金3/31 ¥3000(音はかなりこもっている)
大阪ジャックスショー1969春 ¥3000(オフィシャルよりコピー)

●村八分(これらがオフィシャルで出るのに何十年かかったろう)
くたびれて1972デモ 45分 ¥3000
京大西部講堂1979 70分 ¥3000

●フラワートラベリンバンド
1971/8/13 日比谷野外音楽堂 45分 ¥4000
(これは音、かなり良かった)

90 :伝説の名無しさん:2008/08/16(土) 11:25:32
京大西部講堂、なつかしいです。
1974年〜ころ西部講堂脇の生協では
デヴューしたばかりの
森田童子がしつっこいくらいに
BGMでかかってました。
百万遍の古本屋と「王将・餃子」(一号店)

91 :86:2008/08/16(土) 15:00:14
>>89
さっそくのお返事ありがとうございます。
●ジャックス もっとほかのが出ていたのかと
思いましたが。

大阪ジャックスショー1969春 オフィシャル・コピー
聞きたいですね。
チケット売れなくて地下鉄の駅でロハ券配ってたって
例の遠藤賢司が客舞台に乗せたとかで揉めたやつですよね。



92 :伝説の名無しさん:2008/08/16(土) 20:25:53
ジャックスで一番好きな曲は「どこへ」だったりする。
最高の日本語ブルース・ロック
軽妙かつ洒脱。バタ臭い物語を感じる。
日本語でブルースを直訳したような歌は変に幼稚になったりするが、
(原詩のストレートさ、シュールさをうまく移植できない)、
これは日本語で書かれた最高のブルース・ロックだと思う。

93 :伝説の名無しさん:2008/08/16(土) 20:29:11
>>88
若造だもんですいません。
でも凄いッスよね。ジャックス聞いて洋楽コンプレックスが完全になくなりました。
ジャックスLPのための原稿(早川義夫)、これは公にされた史上初の
パンク、オルタナティブアティチュードだと思う。

94 :伝説の名無しさん:2008/08/16(土) 23:02:40
水橋氏のギターはヤマハの12弦で
加瀬邦彦が使ってたタイプ
との事だけど
デザインが違うようです。
水橋氏のギターに詳しい方
いらっしゃいますか?

95 :>>92「どこへ」:2008/08/16(土) 23:30:24
今日、8月16日
木田高介、阿部晴彦両氏が事故死した
山梨県河口湖町産屋ヶ崎
http://kanko.gnavi.co.jp/spot/70/19002170.html

灯篭流しがあったという。

96 :伝説の名無しさん:2008/08/17(日) 07:09:27
>>92 「どこへ」の間奏のギターソロで
          どんぐりコロコロを弾くトコが好きよ。

97 :どんぐりコロコロ:2008/08/17(日) 07:29:50
>>96
乗ってる人と
乗ってない人との
ちがいであります。

98 :伝説の名無しさん:2008/08/17(日) 10:51:47
>>97
ジャックス・ショウでの
そのセリフ
いったい どーゆー意味なんでしょうか?

99 :伝説の名無しさん:2008/08/17(日) 10:57:04
早川さんとほかのメンバーとのミゾを感じさせるセリフだな

100 :伝説の名無しさん:2008/08/17(日) 11:01:16
休みの国の人は、もともとジャックスの楽器運びだそうで
谷野ひとし氏がギター教えたって聞きましたが、
桂氏もジャックス活動中、楽器を教えてた生徒がいたそうで
水橋氏もアマチュアのころドラム叩いて、遊んでたと聞いて
メンバーみんな、ミュージシャン肌だな
と、勝手に思った。

101 :伝説の名無しさん:2008/08/17(日) 11:40:37
>>100
>桂氏もジャックス活動中、楽器を教えてた生徒がいたそうで
>水橋氏もアマチュアのころドラム叩いて、遊んでたと聞いて

詳しく知りたいのですが。
「新譜ジャーナル」に載っていたジャックスの写真で
水橋春夫脱退後に入った【金沢たかし】らしき人物が
写っているのを記憶していますが。

102 :絵金:2008/08/18(月) 02:48:35
>>75
「ジャックスショー」のポスター
「絵金」
>麿赤児により「絵金」が映画化
『闇の中の魑魅魍魎』1971.06.19 
監督 ................  中平康
脚本 ................  新藤兼人
音楽 ................  黛敏郎


103 :伝説の名無しさん:2008/08/18(月) 12:06:21
ジャックスが→
ライブポスターに使ったパロディイラストの→
元となった無残絵を描いた絵師・絵金を→
モデルにした映画→の話題

ちょっと話題が遠すぎるというか踏み込みすぎというかw
ほとんどジャックス関係なくなってるww

104 :絵金さん:2008/08/18(月) 17:15:25
そうでしょうか。
踏み込みすぎでしたらお詫びしますが
当時「絵金」を知らない我々にとって
「絵金」や「伊藤晴雨」は衝撃でした。

今の時代とちがって
「平凡パンチ」や「プレイボーイ」
「朝日ジャーナル」がようやく市民権を獲ようと
していた「裏本」登場以前の時代でした。

1967〜69年。
薔薇卍結社の牧朗さんも2006年5月3日に
他界されたとのことですが http://edit.boy.jp/makirow/
ジャックスと共演していた「ゼロ次元」など
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_04d5.html
やはり60年代の文化史のなかで
「黒テント」や「赤テント」「天井桟敷」と
関わりを持たなかった「ジャックス」。
彼らの「いっぱいな音楽」の【秘宝館】が
いくつかの優れたCDの形で記録され
遺されて、次世代、次々世代へと
伝わっている。
40年の歳月を経て「スレ」を介在して
様々に検証されつつある。

ブログの立ち上げもあってもよいかと思いますが
自由投稿、自由討議の
スレッドは、魅力ある「文化地帯」だと感じています。

105 :伝説の名無しさん:2008/08/18(月) 17:34:34
絵金のポスターは広野勝氏の仕事ですよね
フォークル関連で担当したのかな
フォークルとジャックスの交流がうかがい知れて興味深いです
広野氏や木村道弘氏の仕事はもっともっと評価されていいと思います
作品集とか出してほしいですね

106 :絵金さん A:2008/08/18(月) 17:43:32
早速の書き込み、嬉しいです。
>絵金のポスターは広野勝氏の仕事ですよね

1969年春の「あんぐら音楽祭」
初期「アングラ レコード クラブ」のADとして
デザインをすべて手がけられました。
松山猛 広野勝(ほかにもペンネームがあった筈)
飄飄・漂漂としていて凝っていた作風は
「横尾」よりも好きな部分がありました。
1967年のジャックスショウは、出来里望(いずき りぼう)
1968年は、牧朗氏がADだったようです。

107 :ジャックス AD考:2008/08/18(月) 18:31:23
>>105さま
広野勝氏 >> http://www.sky.icn-tv.ne.jp/~realtime/book.htm
「りあるたいむ」という、なんか凄い資料館みたいなのが
ヒットしまして、さっそくに、TONO 御注進 であります。

>広野勝(ほかにもペンネームがあった筈)
ですが、これは「広野展生」という人らしい。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%BA%83%E9%87%8E%E5%B1%95%E7%94%9F&lr=
(もっと詳しい方、ぜひ書込みを!!)

「ジュリー」や「ダークダックス」まで手がけていたとは。

108 :きっちゅ:2008/08/18(月) 19:31:00
>>105
広野勝、松山猛、広野展生!
かてて加えて
木村道弘の名が出て来るとは…

「美術手帖」あたり、この面白い《スレ》
記事にしないかしら。
オモシロ探索変臭者、いないかしら。
「快的混沌状態の耳聴き」だったか
同誌連載の
現代美術と現代音楽の進化に向かっての
【幻視】
真剣な真向いが「HONO観えた」そして寸瞬
実践なき観念は吹っ飛び、完き迄に「ガロ」に敗退
「キッチュ」啓蒙の司祭を装い
底の浅さを露呈した。
「ガロ」また廃絶、途絶、消亡した。

109 :伝説の名無しさん:2008/08/18(月) 20:04:47
>>108 きっちゅさん
>「快的混沌状態の耳聴き」だったか
>快的混沌状態の耳きき
が正確らしい。
http://www.art-blue.jp/bt/1971/197103.htm
ゼロ次元の加藤好弘-けんらんたる白日の韜晦儀式 
足立正生/エド・エムシュウィラー-肉体の宇宙
も出てくる。
足立正生・若松孝二・松田政男…とくれば
原正孝だ。


110 :伝説の名無しさん:2008/08/18(月) 21:30:07
ネットって面白いなぁ。
出来里望氏について見てたら
「下北沢経済新聞」なんて
見知らぬものに出喰わした。
「Khopchai(コプチャイ)」という
お店を経営されているようだ。
http://fiveandten.jp/shimo/index
休みの国のサイトに相通ずる雰囲気
確かにあるよね。
こんど行ってみよう。

111 :伝説の名無しさん:2008/08/18(月) 22:39:05
シャンソンのような雰囲気のある相沢氏の作詞もいいけど、
出来氏の日本的情感あふれる作詞もいいですね。


薄っぺらイ和のテイストとか、そういうのではなく、深化した
日本的情緒。進化ではなく、 深化。

真にプログレッシブな日本語歌謡。


しかし、ジャックスの周りには名もなき才人がいかに多く
集まっていた事か。そして、才能があるにも関わらず、
「興味がなくなった」の一言を残して去っていくさま。

才能崇拝の現代にあって、 何とかっこいい。

112 :ぞろめ:2008/08/19(火) 00:55:58
>>111
柏倉秀美氏が
「何でも鑑定団」に出たことがあった

113 :深化:2008/08/19(火) 01:02:37
「夢の巷(ゆめのちまた)」という
ブログ
http://ouranostoutokio.blog3.fc2.com/
2008/07/08(火) 03:16:43
に「出来里望」氏について
気の利いた一文があります。
勝手に引用することはできませんので
覘いてみてください。

114 :伝説の名無しさん:2008/08/19(火) 01:12:04
>>111さん
「シャンソン」
高田渡 詩
ぢゃなかった?

115 :伝説の名無しさん:2008/08/19(火) 01:33:56
>>114さま
>《シャンソンのような雰囲気のある》
です。
早読み・早とちり
ネット社会の欠点です。

116 :伝説の名無しさん:2008/08/19(火) 02:59:03
>>112
ええッ??なにを鑑定したのでありまでうか??

117 :112です:2008/08/19(火) 06:37:26
>>116
たしかジャズ関係の何かのエピソードを
語っておられました。
世田谷かあのあたりのご自宅が映ってて
家の者が
この人「前口上」の人じゃない?
そうだそうだ「わらべ唄」の人だ。
局に問合せすれば記録がある筈。

118 :Xn・Xc:2008/08/19(火) 07:12:42
>>111
出来氏、柏倉氏、
早川氏は「かっこいいってことは」制作のころ
さかんに野口雨情を聞いてたと
書いておられました。
復帰第一作で弦楽合奏遣ったり
本地陽子(Vn・HONZI)に牽かれたり
鈴木亜紀にインスパイアされたり、その後いい傾向。
早川さん、以前、ゴールドベルク変奏曲
聞いてるって書いてたけれど
キョーシローのスローバラードに嫉妬する
って書いてたけれど、
本格的にXn、Xc研究して
「朝顔」「埋葬」聴かせて欲しいな。
ヴァイオリン一本、チェロ一本でも
出来(izuki)ロックは歌えるよ。
突き詰めていったら
哲学だの、老人のお説教がましい
「言う者は知らず、知る者は言わず」なんて
半悟り(ナマサトリ)、咆えなくって済むから。
もっと澄まして。清まして。
いい音楽、また聴かせてよ。

119 :伝説の名無しさん:2008/08/19(火) 18:32:23

気持ち悪過ぎ
二度と早川聴くな。観に来るな。

120 :伝説の名無しさん:2008/08/19(火) 19:25:07
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f64543424

121 :111:2008/08/19(火) 19:33:01
皆様の丁寧なご返答、有難うございます。大変参考になりました。

>>112氏 参照のブログにもあるとおり、日本人固有の
生理的な感覚、大衆的な文化の継承が、ぶつりと途切れてしまったように
思えます。

フォークルは日本の大衆芸能の香りを濃く残し、
はっぴいえんどは日本の街の風景を描こうとし、
早川氏は日本人の心の澱に沈む情緒を深く見つめた。

新しい手法、変わらない題材。
手法だけが発展し、題材が別のものに置き換わったのではないか。

少なくとも進歩とか進化、という言葉は、人間の心には当てはまらない
ような気がします。





122 :伝説の名無しさん:2008/08/19(火) 20:01:35
>>114
僕がシャンソン歌い出すまで

123 :伝説の名無しさん:2008/08/19(火) 20:10:06
それまで25年かかったということも、
その去来に高田氏が関わったということも
伝説である

124 :伝説の名無しさん:2008/08/19(火) 21:40:55
>>119
お前は何様だ?

125 :ほんと 好いスレ:2008/08/19(火) 21:41:52
僕がシャンソン歌えるように

126 :伝説の名無しさん:2008/08/19(火) 22:55:17
ヨン様・・・。

127 :伝説の名無しさん:2008/08/20(水) 01:04:48
じゃあしょうがねえ。

128 :無弦樂:2008/08/20(水) 05:35:47
>>119氏に
そうでしょうか。
「割れた鏡の中から」と
「いつか」の乖離を
感じたのは
ボクだけではないはずだ。

向ける対象がちがってきている

感じたのは
ボクだけではないはずだ。

よけいなものが多いのだ。

129 ::2008/08/20(水) 05:46:29


130 :有樂齋:2008/08/20(水) 06:46:06
>>128
「ラヴゼネレーション」と
「堕天使ロック」
もそうだった。

131 :伝説の名無しさん:2008/08/20(水) 14:28:32
福田一郎怒る
仕事減る
売れない
水橋春夫脱退
解散


132 :伝説の名無しさん:2008/08/20(水) 19:46:13
2ndレコーディングのとき他のメンバーが
脱退したはずの水橋氏や加藤和彦氏などと
和気あいあいとセッションを繰り広げてるのを見て
そのままスタジオから帰ってしまうナイーヴな早川さん
十数年たってもそのときの怒りが収まらず
定本のインタビューでも次第に激高してくるのがオモシロイです

133 :伝説の名無しさん:2008/08/20(水) 20:43:27
所詮 どこまでいっても
JKC だけじゃないの。

134 :伝説の名無しさん:2008/08/20(水) 20:47:42
怒らさせたのも
仕事減らされたのも
売れなくさせたのも
脱退されたのも
瓦解の危機に晒されたのも
他人の所為ぢゃない。
咎は自らにアリと。


135 ::2008/08/21(木) 01:14:31
手に入れるものすべてが
蒼ざめる本当のことを知る

136 :伝説の名無しさん:2008/08/21(木) 07:14:16
ああ 歌だなぁ。

137 :JKC:2008/08/21(木) 07:21:38
133 で JKC(じこちゅう)と
書いたの儂ぢゃけど
JKCという団体があった。
http://www.jkc.or.jp/
ジャパン ケンネル クラブ

【深いなぁ】

138 :伝説の名無しさん:2008/08/21(木) 10:11:46
前口上以外に未発表曲ないのかな
風船のゲスト以外のソロ・ライブ音源とか
当時ソロ見た人いませんか?

139 :伝説の名無しさん:2008/08/21(木) 13:35:31
ファニーって曲と
雨が降るって曲
聞きたかったなぁ。

140 :バーディバーディ:2008/08/21(木) 14:47:49
自由劇場の団員に聞いた話ですが
「前口上」は、自由劇場、山元清多(きよかず)作品(1970)
「バーディバーディ」の劇中歌だったとかで、
http://www.musabi.ac.jp/library/muse/cybermuse/ctj/forum/oyobe/06.html
故草野大悟氏の記録にも出てきます。

この中に「ライオンの唄」とかなんとかいう歌があったらしい。
その団員(役者さん=不詳)は、台詞も覚えていらして
劇中歌もソラで歌ってくださいました。
はるか1970年から71年の思い出です。

141 :伝説の名無しさん:2008/08/21(木) 16:06:24
>>140
この劇用音楽は早川さんが音楽監督として前面参加し
細野さんなどが参加して録音されたそうですね
ミュージカル的な作品だったようで
舞台では早川さんたちが演奏したテープをバックに
役者さんたちによって歌われたようで
その歌唱指導も早川さん自らがやったそうです
音源は残ってないんでしょうかね

142 :140です 初老:2008/08/21(木) 18:33:12
>>141さま
そこまでの事情については存知ませんでした。
私が消息を聞いたのは
「翼を忘れた…」だったか「鼠小僧…」だったか
そのころのことで
黒テント設置の折に
男性の俳優さん(背の高い髯の)にお聞きしたのでした。
草野大悟氏や清水紘治氏ではなく、もすこし若い方でした。
劇団に何か残っていないでしょうか。
新譜ジャーナルに
たしか「黒とピンクの縞模様(不詳)」だったか
劇中歌の楽譜が掲載されたように記憶しています。

当時の早川氏は、はっぴいえんどと組む前の
岡林信康をサポートしていたころで、
渡辺勝も参加していたころの演奏は余計な音がなく
ビクターからでたシングル盤「私たちの…」と
URCからでたLPとのちがいに
薄寒いものを感じたものでした。
早川氏はそれから間もなく引き込まれ、
吉田日出子さんもまた離れられたように
記憶しています。

143 :伝説の名無しさん:2008/08/21(木) 21:05:17
早川氏はそれから間もなく引き込まれ、

>>> 早川氏はそれから間もなく引き籠られ、

144 :伝説の名無しさん:2008/08/21(木) 21:33:16
新譜ジャーナルの増刊号には「真っ昼間の春歌」という
未レコード化曲の楽譜も掲載されていましたね
この曲もたしか劇用に作曲されたものだったと記憶しています
「ひるのひなかにアレをやるときは〜」という
冒頭の歌詞だけはいまだに覚えています

145 :伝説の名無しさん:2008/08/22(金) 00:14:42
早川さんの笑顔、可愛くて癒されるよね。
黙って、ちょっと物思いにふけっているような表情もせつなくて、
ぞくってする美しさだよね。
あんまり、そういう形では売り出していないみたいだけど。




146 :よっちゃん:2008/08/22(金) 08:47:46
中津川フォークジャンボリー(1970)の時に
早川さんにサインをしてもらいました。
その時に撮った笑顔の写真、残ってないけど、
とても素適だった。
もう制作に移っておられましたけど。

そばで、門田頼命(もんたよしのり)が
頭にバンダナ巻いて踊るように歌ってた。
誰も聞く人がなかった。

特設の売店では「休みの国」のLP、500円で
URCシングルは100円、生写真も投売りで30円、50円。
ジャックスショウ(1969)のを一枚買いました。

今の笑顔は正直みててツライものがあります。

147 :伝説の名無しさん:2008/08/22(金) 23:37:30
>今の笑顔は正直みててツライものがあります。

ホント気色悪いスレになったな。
ジャックス至上主義者ってこういう奴ばっかなんだろうな
早川さんが過去の事について聞かれたりするのを嫌になる気持ちも解る。

148 :伝説の名無しさん:2008/08/23(土) 05:12:00
あの〜 ここはジャックスのスレなんですけど
今の早川義夫を語りたいなら別スレ立てれば?

149 :伝説の名無しさん:2008/08/23(土) 09:59:43
>>148
同意

もっと 水橋 木田 谷野氏
語ろう 

150 :伝説の名無しさん:2008/08/23(土) 10:37:01
10数年前になるが、
カイゾク・つのだ・谷野のトリオでやったライブで
ひさしぶりに谷野氏の姿を見たがとっても若いのでびっくりした
てっきりただのオッサンになってると思ってたのだが
現役ロック兄ちゃんでしたね
演奏のほうはかなりトチってヒロに助けられてたけどw

151 :孤舟:2008/08/23(土) 11:21:01
>>147さん江

貴方こそ
ジャックス = 早川
と、妄信・狂執してんぢゃない?

早川も
自分 = ジャックス
と、ひょっとして思ってんぢゃない?

そんなの
他者意識の育たない
精神的奇形、自己偏執だよ。

だからこそ作品が生まれるのだという論理も働くが
どうも、いつまでも、鎌倉のオボッチャン
だなぁ。

そんなだったら、グループつくるんぢゃ、ない。

パートナー、つくるんぢゃ、ない。

ピアノソロ、一本でやれ。

ギター、一本でやれ。

もっと、
一人になれ。 

いい人に
甘えるんじゃないヨ。 

152 :休國壮年隊:2008/08/23(土) 11:31:44
>>150賛江

谷野氏について
つのだ氏に訊いたことがある。
つのだ氏はカイゾクとの出会い、
その後の長いつき合いを
ほんとに大事にしている
という印象だった。

つのだ氏を「JACKS」に導いたのは
桂氏だけれど、
ほんと「休みの国」の
産婆役、名伯楽は谷野氏だね。

153 :伝説の名無しさん:2008/08/23(土) 11:45:47
>>147
ジャックスファンがかならずしも早川義夫ファンとは限らない

かつて谷野氏がインタビューで
「ジャックスのファン??それって早川のファンってことでしょ?」
 と皮肉をのべていたけど、それはあなたみたいなファンに対しての皮肉だと思うよ

154 :伝説の名無しさん:2008/08/23(土) 17:50:05
>>153
異議ナーシ!!

155 :伝説の名無しさん:2008/08/23(土) 18:04:12
つーか、今のよっちゃん
声が森田公一みたいになっちゃってなあ

156 :伝説の名無しさん:2008/08/23(土) 18:16:48
>>155 声が《森田公一》みたいになっちゃってなあ

やはりあなたもそうですか。
私は「この世で一番…」のとき
そう感じました。
「赤色のワンピース」は好きですが。

157 :伝説の名無しさん:2008/08/23(土) 23:53:03
>>147
貴様の耳は この世で一番汚い
貴様こそ二度とJACKSを聴くな JACKSが穢れる

158 :早川義夫 スレ:2008/08/24(日) 00:02:23
117 :
ジャックススレの流れが凄いことに

118 :
知ってる

159 :伝説の名無しさん:2008/08/24(日) 00:38:36
>>157
同意です
>>147みたいな人ってホントに腹が立ちますね
許せない・・・

160 :伝説の名無しさん:2008/08/24(日) 00:58:24
>>147みたいな人はどうぞ早川義夫スレでショボいネタでも語り合っててください
こちらのスレはさらにディープにヒートアップしていきますから

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)