2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

モーリス・ラヴェル (Maurice Ravel) 8

1 :名無しの笛の踊り:2008/08/03(日) 09:19:39 ID:tunAG22+
引き続きラヴェルについてまたーりと語りましょう。

前スレ
モーリス・ラヴェル (Maurice Ravel) 7
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1197175424/

過去ログ
モーリス・ラヴェル (Maurice Ravel) 6
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1162539753/
モーリス・ラヴェル (Maurice Ravel) 5
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/classical/1142547488/
モーリス・ラヴェル (Maurice Ravel) 4
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1120661794/
【モリモリ】モーリス・ラヴェル3【ラベル】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1095386173/
モーリス・ラヴェル 2e Serie
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1072107273/
モーリス・ラヴェル(1875-1937)
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1050072447/
.ラヴェル Яスレが無い様なので Ravel
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1031159354/
Ravel (1875-1937) ラヴェルスレが落ちた様なので
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1048482406/
ラヴェルの曲で何が好き?
http://piza.2ch.net/classical/kako/966/966524626.html
今年こそマターリとラヴェルを語ろう!
http://music.2ch.net/classical/kako/1010/10100/1010000517.html
もう一度ラヴェルを考え直そう
http://music.2ch.net/classical/kako/1004/10049/1004958706.html

2 :名無しの笛の踊り:2008/08/03(日) 09:21:45 ID:tunAG22+
自分で即死防止

3 :名無しの笛の踊り:2008/08/03(日) 09:39:09 ID:6gFUmqa/
スレたて乙。
それで、アメリカとクラシックという問題なんだが。
おれの少ないクラシック体験から言うと、メリケンっぽいを取り入れてる印象を
受ける作曲家は、ラヴェルドビュッシードヴォルザークだけだ。
もちろんドヴォはまだジャスが勃興してなかったからなんかカントリーミュージック風の
旋法だけだと思う。
ま、要は、国際派になると作品にブレンド感覚がでて深みが出る。

4 :名無しの笛の踊り:2008/08/03(日) 15:53:02 ID:LaG4eIiy
まずメリケンっぽいとは何かを明確にしてもらわないと…。
ジャズの要素ということなら20世紀初頭の作曲家にたくさんいる。
そんでドヴォルザークもアメリカ風を取り入れたというより、
現地の黒人霊歌インスパイア程度だからねえ。
個人的にはアメリカ風といったら黒人音楽よりネオ・ロマンティックという感じがする。
いわゆるハリウッド映画音楽風という。

5 :名無しの笛の踊り:2008/08/03(日) 20:27:47 ID:O0MrcWxA
ラヴェルは大してアメリカっぽくない。ジャズのテイストを取り入れた曲もある。それだけ。

6 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 03:06:02 ID:r9sN04Dr
ぐりもーたん

第3楽章アンコール!!

7 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 07:15:56 ID:gk7TuELL
ラフマニノフはアメリカで一体何をしたたんだろうと思う。
全くアメリカを取り入れていない?

8 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 08:13:26 ID:rzY9sNsO
>>1乙です

9 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 09:36:03 ID:E/kdmZzc
>>7
シェーンベルク、ウェーベルン、ヒンデミット、ストラヴィンスキー、コルンゴルト、ラフマニノフ、ミヨー、バルトーク

10 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 13:24:04 ID:9SJB9dAT
アメリカに渡った作曲家をただ羅列しただけやん
そのリストとラフマに何の関連性があるねん

11 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 20:42:57 ID:zBiYDGS5
>>7
ラフマニノフは革命を逃れるためにアメリカに行ったわけだし、
米移住の後はそもそも作曲自体あまりしていない。
でもその音楽は、アメリカ映画音楽など20世紀の軽音楽(死後かw)への影響大と言われている。
その点はラヴェルとも似ているわけだ。

12 :11:2008/08/04(月) 20:45:10 ID:zBiYDGS5
×死後→○死語

13 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 21:15:20 ID:/ltVfuW7
やっぱりラベルも軽音楽につながっているのか!

14 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 22:33:05 ID:bEaJnNeY
アメリカ映画音楽への影響ってラフマよりコルンゴルトが一番なんじゃないのか?

15 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 22:50:05 ID:gk7TuELL
しかし、ジャズを取り入れないやつって、火葬の方は全く評価しないってことだろ。

16 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 21:34:48 ID:iWIFZSKr
>>9
リストの意味がよくわからないが、ウェーベルンはアメリカに移住してないよ。

17 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 22:00:26 ID:hrHYFJln
>>7
まてまて、pf協四番を聞けばその感想はなくなるぞ。

18 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 00:04:48 ID:qQnX7m9F
>>15
火葬?

19 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 08:33:57 ID:4t6lcZG2
下層

20 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 19:37:58 ID:jCp/47tg
そうか?

21 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 23:26:04 ID:4t6lcZG2
嘘か?

22 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 00:02:06 ID:X3hNWRU+
パヤオ宮崎「崖の上のポニョ」
でずっとダフニスをバスが鳴らしていたのには、正直辟易した

もうちと工夫がいかないものかなぁ



23 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 11:03:14 ID:r9W+WZ9B
豊潤な女性原理を表すテーマとして?ラヴェルを拝借。
愛する男を求める戦闘的な女性のテーマとしてワーグナーと。
ラヴェルが嫌悪したワーグナーとの融合が21世紀の日本で図られましたねw

24 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 12:10:18 ID:3iO02NR1
>>23 そういう解釈はアリかも。

ラプソディー・エスパニョールの終曲で、西部劇を空想する土曜の昼。

25 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 17:56:35 ID:Q7nnrqPL
マ・メール・ロアが西部劇のBGMで使われていたらしい

26 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 02:26:36 ID:3+q6W2S0
銀河英雄伝説というアニメではボレロが丸々一曲使われててだな…

27 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 02:30:00 ID:jtk4cCZD
あのアニメはクラ使いまくりじゃねーの?
あまりに仰々しいんで萎えた。

28 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 19:20:59 ID:57QLZExq
>>27
その仰々しさがクラシックの一側面でもあるわけで

29 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 00:13:21 ID:ikC22NSs
アニメwwwwwwww

30 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 20:16:34 ID:auDvJRcP
スペイン狂詩曲ならわかるのだが、
マ・メール・ロアが西部劇というのはちょっとピンとこない気も。
パゴダの女王レドロネットあたりだろうか。

31 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 03:19:46 ID:NkH97TpU
大団円で妖精の園と安直に予想

32 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 20:22:03 ID:jVq/aBm+
まあボレロはCM使用回数は最大なのは間違いないだろう。

33 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 22:15:41 ID:TSq5Np22
>>32
「ボレロ」はテンポが安定しているから、癒しの効果があるんだ。
「ラヴァルス」だとそうは行かない。

佐野之彦が書いた「N響80年全記録」は興味深く面白く書かれていて
評判がよい。 その本に、こんなことが書いてある。

1963年に日本に滞在したジャン・フルネが定期で「ラヴァルス」を取り上げようと
提案したら、N響の楽員達から反対の声が上がった。

それ以前、61年に、ある指揮者でこの曲を演奏したら、難しすぎて大混乱に
陥ったからだそうだ。 ラヴェルは、もうやらないという楽員の声も多かったらしい。

今から45年前の、日本の代表的なオケの実態を知るエピソードとして面白い。
ただ、「ラヴァルス」は拍子が取りにくいということはあって、指揮者によって
随分と解釈が変わる。特に後半のテンポは、指揮者の個性を知るには面白い


34 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 07:29:21 ID:ZFLfjwba
スコアを見るととんでもないことが分かるよ。あんなの、楽器のサーカスじゃねぇかって。
あんな超絶技巧をみなで遣り合って芸術なのか?しかし、信じて演奏してみると!
芸術なんて言葉では収まりきらない代物だった。

ボレロ、いつでもなんかのCMでやってるな。昨日は青木がゴルフやっているやつで使っていた。

35 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 08:42:28 ID:kroHD6Hy
>>33-34
ラヴェルは楽器の演奏面での遊戯性の追うというより、多彩居な音色の追求だろう。
「スペインの時」は、それを自由闊達に繰り広げて効果を上げた。

「ラヴァルス」の演奏でN響は苦労したが、もっとすごい曲もあったようだ。
「N響80年全記録」では、なんと言っても「ハルサイ」のエピソードがダントツ
面白い。 恐怖の「春の祭典」というタイトルで書かれている。

コンサートマスターの岩淵竜太郎氏の回想。
「最後の部分で演奏がめちゃくちゃになりました。誰がどこで何をやっているのか
わからなくなった。指揮者の山田和男さんもわからない。
私たち弦楽部にも責任があるが、打楽器が支離滅裂になって収拾がつきません。
・・・その結果、各パートがパニックに陥った。それはもう阿鼻叫喚の音楽でした。」

一度 その録音が残っていたら、聴いてみたいものだ。


36 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 13:11:12 ID:njPxd+Dp
リハの段階で気付かなかったのかね?

37 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 19:53:06 ID:wEj1X4Gj
>>35
ヘン病死で分けわかんなくなって指揮しながら「見るな!見るな!」と叫んだとか叫ばなかったとか

38 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 22:52:52 ID:SIINz5t7
>>34
ラヴェルは演奏家に対してサディストだと
ジュルダン=モランジュに言わしめたそうだし。
ピアノ曲とかもう少し弾きやすい曲が多ければと思うこともあるw

39 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 23:01:36 ID:jye3y6G5
演奏しやすい曲があったとしたら、それはラヴェルの曲ではない

40 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 23:37:27 ID:9RCO3pom
実際のところ、ガスパールはイスラメイより難しいの?

41 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 23:48:32 ID:jUc3fm9L
>>40
基地外が来るからその話題はやめれ〜

42 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 00:28:53 ID:G7vqaksq
イスラメイVSリスト超絶12番雪かき
http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/piano/1217776638/

こういうスレがあったよ。
昔ものすごい勢いで荒れてた再難曲スレってもうないんだね。


43 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 22:50:11 ID:Gdbvmg0I
「子供と魔法」やるときって、衣装はどんなのになるの?

44 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 23:51:04 ID:8Nlt7LWY
でも、ラヴェルのピアノ曲はドビュッシーのそれと比べて
規則正しく音が並んでるよね。ドビュッシーのは変なリズムが多い。
だからラヴェルは音さえ取れればとりあえずはきれいに弾けるんじゃないかと思った。


45 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 00:30:03 ID:bnHAbkSp
>>44
ラヴェル自身がリストみたいに弾いてくれと言ったことがあるらしい。
その話からすると、フランソワのラヴェルってどうなんだろうと思うが、
ラヴェルが実際聴いたら、あれも認めるんじゃないかな?

46 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 01:17:41 ID:P8GYIkMI
バーンスタイン・フランス国立のDVDでラ・ヴァルス見たけど、最後の方は複雑な振り方してた。

47 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 01:36:09 ID:nehB2pro
>>45
普通にマジギレしそう

48 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 16:23:30 ID:grIViAQX
>>44実際ラヴェルはメカニック的にはドビュッシーより断然むずかしい曲が多いと思います。初中級(ツェルニー30以下)では手がでない
メカニックな面ではむずかしい部類の作曲家でしょう

49 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 19:49:49 ID:eg2LYV/g
>>33
獲ぬ響は、'74(か'75)に同じくフルネの指揮で
ラ・ヴァルスを演ってる。
それは、なかなかしっかりした演奏だったよ。
華麗とか妙技 とまではいかなかったがな…。
あくまでFM放送での印象だが。

50 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 21:02:14 ID:tUcQUezG
>>45
ラヴェルはカサドシュのようなサラリと抑制的なスタイルが
好みだったらしいので、フランソワはある意味対極的。
でもロンはフランソワを「スカルボを最も体現できる男」と評したそうだ。

47年録音のスカルボをたまに聞いてみるか。

51 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 21:08:53 ID:XVq8itVJ
有名な演奏家奴隷発言もどこまで本気だったのやら

52 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 21:29:32 ID:evuE/g19
>>51
本気だよ
ヴィトゲンシュタインにマジ切れした

53 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 21:53:45 ID:BgyFPf/8
>>52
あれは売り言葉に買い言葉だろ

54 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 22:16:15 ID:K7JNcTSm
委嘱しときながら難しいってんでカットされまくったらそりゃキレるだろ。

演奏家との揉め事としては、トスカニーニとはボレロのテンポをめぐって演奏後
ステージ脇でケンカになったこともあったな。
一方、クーセヴィツキ−に対しては「私の想定しているのとは違うけどあれはあれで
いいと思うよ」と寛容的な発言をしてたらしい。

55 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 23:07:47 ID:XVq8itVJ
>>52
しかしウィトゲンシュタインの演奏はひどいよな…
あの曲の演奏史上でも一番下手かもしれん

56 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 23:22:01 ID:5oYbXJ3f
ラヴェルは作曲家としてはともかく、人間としては最低だったんだな。

57 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 23:32:46 ID:evuE/g19
どう見てもヴィトゲンシュタインが最低だよ
音楽界では鼻つまみ者 家庭では妻に暴力
周囲から嫌われるべく行動していたかのような性格破綻者
ピアニストとしても実力無いのにプライドだけは雲より高い
ヴィトゲンシュタイン一族ですら彼の演奏にはうんざりしていたそうな

功績と言えるのは左手用の曲を発注したことくらい

58 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 23:33:45 ID:XVq8itVJ
大作曲家で性格に問題がないほうが珍しいわ

59 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 00:44:25 ID:pnaQMR47
>>57
> 左手用の曲を発注
他にはプロコフィエフ、R.シュトラウス、ブリテン、コルンゴルト、フランツ・シュミットってところだったかな。

60 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 11:33:17 ID:+qAnLuY2
ラヴェルは武士道的な方面では立派だった。戦争志願もちゃんとしたし。

61 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 12:50:04 ID:tZjeaI4V
毒舌で、かげぐちが好きで、わがままで怒りっぽく、嫉妬深いドビュッシーに比べたら
ラヴェルは人格者すぐる

62 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 16:24:11 ID:+qAnLuY2
しかし、ボレロの紹介に当たって
「この曲にはコントラストがない、演奏方法以外には何の工夫もない」
という否定形を平気で使えるというのは、なんとも人格者としか言いようがない。
実際はこんな否定形を使っても曲の独創性完成度はそれを補って余りあることに確信があったからだろうが。


63 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 21:13:20 ID:oGzx0hlX
兵役免除されても志願兵として従軍。ただし感情的なドイツ音楽排斥運動には反対。
ユダヤ人呼ばわりされても、平然とナチスから逃れたユダヤ人を擁護。
人格者というか、公平公正を重んじて自分の筋を曲げない人だったね。

64 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 23:52:56 ID:PmwIhsxT
だれだよ、人間としては最低なんて言ったのはw

65 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 01:05:21 ID:VmCRgfcv
ムストネンの両手協奏曲よすぎ
さっさと録音しろ

66 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 11:54:16 ID:6ri212ua
どなたか、ラヴェルが、母の故郷=バスクについて
作りかけて未完に終わった、っていう合唱曲、知りませんか?

全曲リスト
http://museum.fc2web.com/ravel/list/index.html
にも載っていません。。。

67 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 23:28:30 ID:1ry5HzIF
ヴァイオリンソナタ(遺作)って若いころの作品だったんですねえ。
しかも一応ちゃんと完成してる。
聞かずにきて、損してました。

68 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 07:49:53 ID:pHV5CL0n

カペーQの弦楽四重奏曲なんか聴いていると、
自分の日常、日本社会の日常が、どんなに荒っぽく、無味乾燥で、香りに乏しい
憐れなものか、返す返すも痛感させられます

69 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 11:49:38 ID:7eN8+xbw
>>68
カペーの演奏いいよね。
彼らより新しく精密な演奏は山とあるだろうけど、ここまで香気をかがされるのはそんな多くない。
我ら現代人もしかしたらラヴェルを誤解してるのかもしれないなって希ガス。
ドビュッシーに関しても、だけど

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)