2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【不滅の巨匠】トスカニーニ【XRCD万歳】

1 :名無しの笛の踊り:2008/04/12(土) 15:45:29 ID:f3kwstq7
不滅のマエストロ、トスカニーニについて語り合いましょう。

前スレ
【錆びない】トスカニーニ【芸風】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1174476294/

2 :名無しの笛の踊り:2008/04/12(土) 15:46:32 ID:f3kwstq7
過去スレ
トスカニーニ
http://piza.2ch.net/test/read.cgi/classical/976460224/
ただいま!トスカニーニ
http://music.2ch.net/test/read.cgi/classical/994425173/
ただいま!トスカニーニ【第2幕】
http://music.2ch.net/test/read.cgi/classical/1011952364/
アルトゥーロ・トスカニーニ
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1100647698/
なぜトスカニーニが語られない?
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1116659510/
【何度でも】トスカニーニ【復活】
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/classical/1126578329

次スレ、立てさせていただきました

3 :名無しの笛の踊り:2008/04/12(土) 15:53:36 ID:OTfJOzd8
   _、_
 ( ,_ノ` )      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//


4 :名無しの笛の踊り:2008/04/12(土) 16:48:26 ID:adjyaRBE
>>1
スレ立て乙
トスカニーニばんじゃーい∩(・ω・)∩

5 :名無しの笛の踊り :2008/04/12(土) 18:05:38 ID:b8pVUXzG
乙です。

しかし、一連のXRCD盤はスゴイ。

そのうちトスカニーニは情熱よりは詩情の指揮者と呼ばれる
感じがするくらいディテールというか演奏会場にいるような
情報量。

JVC関係者に感謝でつ。

6 :名無しの笛の踊り:2008/04/12(土) 19:35:19 ID:jvcENuES
>>1


7 :名無しの笛の踊り:2008/04/12(土) 19:43:54 ID:XebNiDwd
>>1 スレ立て乙です!

>>5 同意ですね。
勿論元々の演奏自体もすんばらすぃ

8 :名無しの笛の踊り:2008/04/12(土) 21:18:26 ID:XebNiDwd
昨日のNYPとの田園ライヴの続き

1935年2月3日(去年CD化されたブル7の一週間後)に
田園がカーネギーホールからラジオ中継で生放送されたらしい。
録音が残っている可能性大。但し音質は酷いだろうから
CD化される可能性は低いと思われる。

当日の定演プロ
アルジェのイタリア女/田園/タンホイザー序曲&バッカナール/ワルキューレの騎行

9 :名無しの笛の踊り:2008/04/13(日) 08:50:39 ID:thzN9fcR
>>1
乙!

>>7
不等号で芸術を語るのはナンセンス極まると思うが、やっぱりトスカニーニは偉大だ。カラヤンの比じゃねーな。
カラヤンとトスカニーニはタイプが違うのかもしれないけれど・・・

10 :名無しの笛の踊り:2008/04/13(日) 11:00:13 ID:sJ0a3m4H
>>10うむ。確かにカラヤンは若い頃にトスカニーニの実演に接して衝撃を受け
大きな影響も受けた。それは本当のことだ。
しかし、その後は「初心」を忘れてしまった感が否めないかも

11 :名無しの笛の踊り :2008/04/14(月) 23:25:31 ID:kGh60aal
XRCD盤のハイドンバリエーションに衝撃を受け、NY盤も聴いてみたが、
NYのほうが指揮者のゆとりとオケの充実があるような。

XRCD盤の音響をもとに、古い演奏を修正して想像するという、脳内編集
作業も有りかな。


12 :名無しの笛の踊り:2008/04/15(火) 00:36:02 ID:p7WW0PSO
>>11 同意です。オケの特徴としてはNBCのほうが華麗でNYPは重厚。
変奏曲の終曲冒頭での低音から湧き上がってくる趣などにNYPの特徴が出ています。
世評高いベト7もそうですが、あと「ラインへの旅」なんかも
NBC盤とはかなり違った感じに響いてきて、オケの特徴を生かしつつ
全体をまとめ上げてゆく手腕の高さが窺えます。

13 :名無しの笛の踊り:2008/04/15(火) 00:48:54 ID:p7WW0PSO
あとNYPでは33年の運命ライヴも特に1楽章が随分重厚な演奏ですね。
同時期のフルトヴェングラー(37年盤)よりも慎重なくらいです。
しかも曲想に従ってテンポも思い切って落としてみたりと
変化球多投型の演奏だったのは意外でした。
(去年出たブル7もそうだったようですしね)

14 :名無しの笛の踊り:2008/04/15(火) 18:36:38 ID:vWJNRRRz
優劣なぞ語るつもりは毛頭無いが、30年代のトスカニーニと50年代のトスカニーニは、違うと思う。オーケストラが違うからか・・・?

33年の運命も買ってみようか。

15 :名無しの笛の踊り:2008/04/15(火) 20:19:46 ID:MqgZiN/N
トスカニーニはNYフィル時代が一番良かったというがどうしてだ?
NBC時代のほうが演奏も録音もいいと思うんだが・・・。

16 :名無しの笛の踊り :2008/04/15(火) 22:36:23 ID:CzjxRVtx
オケ・キャラがちがうような。
NYはメンバーは世界的だがサウンドは欧州古典的。
NBCはもっと先進的(?)。
ATジイサンはその辺の違いをを楽しんでいたのかも。
ファンとしては両方もっていたいよね。

17 :名無しの笛の踊り:2008/04/15(火) 23:02:46 ID:cqDBO/SK
30年代のトスカニーニは、「円熟」という言葉がぴったりだった。
それがNBC狂になって、ホンモノのガンコ爺になった。
残響を取り払ったり、ギクシャクしたテンポといい…

>>14
33年はお勧めだよ。必ず聴いておくことを勧める。

18 :名無しの笛の踊り:2008/04/16(水) 05:35:18 ID:thFjU/sQ
>>17「残響を取り払った」のはトスカニーニではなくスタジオを作ったNBC側。当時のAM放送の
周波数帯域の制約であのような音響特性にせざるを得なかった。
マイクの収音技術が向上した51年以降はカーネギーホールからの中継に変わった。

「ギクシャクした演奏」は彼の不調時の演奏の特徴。特に51年以降は
好不調の波が大きくなった感は否めない。しかしその時期に収録されているRCA盤の
ローマ三部作、展覧会の絵、ウィリアムテル序曲、テデウム、七重奏曲等の大名演では
実に光彩溢れる表現が聴かれ、少なくとも硬直化した印象は認められない。
だからこそこれらの録音は現在に至るまで名演奏として聴き継がれている。

8Hスタジオ時代でも例えばオテロ全曲、フランクの交響曲、ケルビーニのレクイエム、ブラ3(46年Live)、
ブラ4(48年Live)、ハイドンの第31番、第98番は生彩あるフレージングによる弾力性に富んだ演奏であり、
それ故に音響特性のハンデをも乗り越えた成果に結実させる事が出来た。

好調時の演奏のほうが、表現としての達成度も高くなるので、それに比例して
聴き手がトスカニーニの真姿に迫るための手がかりと判断材料も沢山得る事が出来ます。

19 :名無しの笛の踊り:2008/04/16(水) 07:18:26 ID:mw4vHlPZ
NBCシンフォニーの功績はやはり大きいと思う。

あと、30年代と50年代とではレコード録音に関する考え方が違ってきていると思う。30年代は一回聴くことを主眼にしているが、50年代は繰り返し聴くことを主眼に音づくりをしていると思う。
したがって一回だけ聴くなら当然30年代の方が上に感じる。

20 :名無しの笛の踊り:2008/04/16(水) 09:27:41 ID:dDgbcKUb
トスカニーニのベト2やばい
強靭かつ柔軟 厳格な構築性 溢れる歌心
ベストだわ

21 :名無しの笛の踊り:2008/04/16(水) 10:14:50 ID:thFjU/sQ
ベト2はRCA盤と39年ライヴ盤、共に鮮烈な演奏ですね。
より濃密な39年盤、より端正なRCA盤、両者とも甲乙付け難いです。
39年盤では「田園」と同様に第1楽章提示部を反復(当時としては珍しい)。
メンゲルベルク、クレンペラー、ヨッフム、クリュイタンスも反復していました。

22 :名無しの笛の踊り:2008/04/16(水) 18:08:30 ID:H3uJgmuo
NYPSO時代の録音、もう少し気を入れて探して、聴いてみるか・・・!

23 :名無しの笛の踊り:2008/04/16(水) 19:17:03 ID:qQD5Jv5B
53年の「エロイカ」もXRCD化されるのですか?

24 :名無しの笛の踊り:2008/04/16(水) 19:40:00 ID:PImzIVdS
>>23 Yes、時期は未定ですが。
予定リストにはベト1&7、イタリア&宗教改革、ワーグナー集、
ティル&死と変容、が載っています(HMVサイトより)

25 :名無しの笛の踊り:2008/04/19(土) 20:11:33 ID:bxS74Zak
>>17
聴いてみた。33年の運命。

不思議な演奏だ。直線的だが柔軟だ。なんか52年盤よりも面白いかもしれない。
録音がもう少し良ければ・・・

26 :名無しの笛の踊り:2008/04/19(土) 20:16:53 ID:VXjo9ub1
>>25
そういうこと。録音がはっきりしないから、音楽の輪郭が少々ぼやけ気味

27 :名無しの笛の踊り :2008/04/23(水) 20:50:10 ID:rZok9T1e
XRCD盤は国内限定販売?

28 :名無しの笛の踊り:2008/05/01(木) 08:57:51 ID:qIZ2ufpZ
保守
次のXRCDが待ち遠しい…

29 :名無しの笛の踊り:2008/05/02(金) 07:39:42 ID:r3iqOuF4
>>28
同意、次の発売マダー

ところで、こんなに音質が違うなら、ぜひXRCDの第二段を希望。
マスターテープがまだ生きているうちになんとかしてほしい

30 :名無しの笛の踊り :2008/05/03(土) 23:42:02 ID:Q7hp1BWq
連休あげ

31 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 01:34:01 ID:eJdZoAB8
XRCDって,そんなにいいの?
やたら高い気がするんだけど。

32 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 06:16:57 ID:KxQyyV8X
安い
5000円でも買う

33 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 08:38:49 ID:4yCLh911 ?2BP(101)
>>31
やたら高いといっても初発のCD(RCCD規格の頃)とそんなに変わらんけどw

34 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 09:02:32 ID:HRV6P18c
>>32 >>33
同意、中身が全然違う、XRCDなら本当に5000円でも買う

並の再生装置でこれだけ音質に差があるのもめずらしいかも

35 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 14:50:19 ID:eJdZoAB8
>>34
>並の再生装置でこれだけ音質に差があるのもめずらしいかも
そんなに違うのか。
1枚買ってみるよ。

36 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 15:24:40 ID:6wCKCQ3C
XRCDって普通のCD規格だろ。
最初から音質の良いCDを作ればいいのに。

37 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 15:44:51 ID:fUBZaW/D
業者の釣りにはご注意を

38 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 15:54:40 ID:/418i9ij
全部買った訳ではないけど、ティンパニの響きはすごいよ? 金管の張り、弦のきめの細やかさもまた然り。

39 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 16:27:19 ID:3Dxh1qcX
>>35
第9か展覧会の絵がいいと思う。

40 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 17:54:31 ID:HRV6P18c
>>38
同意、XRCDのもう一つの功績は、音質的にこれだけ買えばよい状態にしてくれたことかな

古勉のバイロイド第九をみているとつくづくXRCDの有り難さを痛感、まあRCAがレコードをマスターからでなく、LP用に加工したマスターでつくっていたことが怪我の功名にもなっているけど

41 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 18:17:24 ID:DoelOiJt
バイロイド。
バイのようなもの,か?

42 :名無しの笛の踊り:2008/05/04(日) 18:33:10 ID:/JexR3Df
そういうこと書かないの。

43 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 15:59:54 ID:LJAnqm3E
>>40
なるほどね。XRCDで決定打がでたことに感謝すべきかな。

でも、よくマスターをきちんと保管していたものだ。

44 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 18:22:35 ID:YK3VLWbB
決定盤XRCDを買っておけば
宿便、いやフルトヴェングラーヲタのようにリマスター地獄に
嵌め込まれるようなことはない。

45 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 18:28:31 ID:8utrEWgp
そのうちまた違うのが出れば嬉々として買うくせに。

46 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 19:11:15 ID:Yph+YNs1
うん!!!

47 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 19:45:39 ID:CbVoMjgN
37年だったかのニューヨークフィルとのベートーヴェンの9番がCDにならんかな。

48 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 20:08:02 ID:LJAnqm3E
>>44
同意、確かにまた10年後あたりにスーパーXRCD?でもでたらまた買うかもしれない
でも板起こしには手をださずにすむことがなにより有り難い

横からみていて古便オタの迷走は気の毒に思う

49 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 22:37:16 ID:RMDAa+CK
>>471936年3月8日(カーネギーホール)のライヴね。
一応独唱陣は、テントーニ・S、バンプトン・Ms、クルマン・T、ピンツァ・Bs、スコラ・カントルム合唱団
ちなみに私もこの録音は未聴です

50 :名無しの笛の踊り:2008/05/07(水) 06:51:57 ID:uzRD02fC
トスカニーニが板起こしにならないのは
RCA Victorのオリジナル版がそれほどの音じゃないから。
フルベンの場合HMVのオリジナルとかメロディアの
オリジナルは圧倒的な音で,かつ再発LPがあまりに貧弱だから。

まあRCAの再発LPはそれはそれで想像を絶する劣化だけどな。

51 :名無しの笛の踊り:2008/05/07(水) 13:12:49 ID:bpkdEsbD
>>50
前スレで、展覧会の絵は VIC-1273 だと物凄い音がすると誰か書いてたね。
「展覧会の絵」だけが例外なのか、ほかのもそうなのか、そのへんは分からないけど、
状態の良いオリジナルLP(VIC-1273)は探して聞いてみたいと思った。

52 :名無しの笛の踊り:2008/05/08(木) 05:39:21 ID:KzC9i5iH
VICはオリジナルじゃないよ。ヴィクトローラの再発。
オリジナルはLM-1838かな。これもまあいい音。

53 :名無しの笛の踊り:2008/05/09(金) 09:54:40 ID:bGKV6WYv
一儲け企んでXRCDに返り討ち食らったオタケソカワイソス

54 :名無しの笛の踊り:2008/05/09(金) 21:58:31 ID:m8L75pLS

オタケソは板起こしだから
1936年3月8日ベートーヴェンの9番を出せば良いと

55 :名無しの笛の踊り:2008/05/10(土) 01:13:50 ID:AZZDMQoV
>>54うん、オタケンにそのくらいの勇気はあってもいいよね

56 :名無しの笛の踊り:2008/05/10(土) 18:33:22 ID:7fSER57b
今日はNHKでやる「椿姫」を観る予定。



トスカニーニのドレスリハーサルしか聴いた事ないから話の筋が全く分からないんだよねorz

57 :名無しの笛の踊り:2008/05/13(火) 22:06:17 ID:3NOs0/T0
そういえば次のXRCDマダー

しかしXRCDによって本当に51〜54年の録音が蘇りましたね
その中でもやはり一番音質向上が著しかったのは、第九と展覧会かな

58 :名無しの笛の踊り:2008/05/14(水) 11:00:57 ID:8NXnXSry
きいたことないけど、英雄がXRCDででるなんてスゲー!コリオランかエグモントも付けてくれたら
偉大なマエストロの録音ということなので愛聴盤にしまつ。お願い序曲

59 :名無しの笛の踊り:2008/05/14(水) 15:49:24 ID:AGs0NvOJ
http://www.hmv.co.jp/news/article/805130091

60 :名無しの笛の踊り:2008/05/14(水) 19:20:40 ID:MEVloioU
>>58
エグモントはもう出とるよ。「Toscanini plays your favorite」だっけ? 最初の金管の咆哮がすごくて、何度聴いてもビビるw

>>59
乙。なんでいきなりトスカニーニが3枚も?っていう気にはなる。ヴェルディの方が面白そうだ。
メンゲルベルクのボレロ・・・w

61 :名無しの笛の踊り:2008/05/14(水) 19:29:12 ID:MxOjEpwP
>>59 メンゲルはNYPとの英雄の生害が大名演で有名ダネ

蔵もこの時期にトスカニーニ3枚もリリースと頑張るねぇ
なんでベト2&4なのっていう疑問も…

3枚中ヴェルディ集の一枚がセンス良い企画かな
全てライヴなのもイイ

今後もリリースあんのかな、蔵からは

62 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 18:14:27 ID:99ko8UMu
>>60
うほッ!情報dxです!ワクワクしてきました(^^/
買いに行かなくちゃ買いに行かなくちゃ買いに行かなくちゃー!

63 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 18:49:45 ID:01GN1HGa
>>62
今「エグモントは誰のが好きか」と言われたら、トスカニーニかもしれない。クレンペラーもいいのだが。
コリオランも聴いてみたいね。

蔵で出すベートーヴェンが2と4なのは、明らかにXRCDの狙いをハズすためですな。「あれには対抗できないから別のやつ出してしまえ」と。
個人的には5と6をなんとかして欲しいんだが。けど、「不滅のトスカニーニ」シリーズも、値段の割りに素晴らしい。

64 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 01:12:03 ID:iAaGgRcU
ネタが切れたら「XRCD」!もはや定番ダネ!(ヨッ! ギョーシャさん!)

65 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 06:01:52 ID:tYyOSlKd
エグモント序曲ならアンセルメが最高の名演。

66 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 08:07:18 ID:Gf8P+h/f
XRCDは高いけど高品質、だから発売のたびに話題になる。マスターの保管、復刻も適正であったことから今回は成功した、ある意味文化事業、ただコストは聞き手が払うため、会社へのお布施はやや高めですが。

レンジをいじくりまくったテープから初期版LPがつくられているため、板起こし業者からみればトスカニーニには古便みたく商売にならないのことに大変同情します。


67 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 08:26:26 ID:Lim5zXuF
>>64
まあ、「一回聴いてみな」としか返せないが。
トスカニーニに限らず、50年代のモノラルのスタジオ録音はいいよね。確かにフルトヴェングラーのステレオ録音が存在するならば聴いてみたいが、今市販されている録音だけでもフルトヴェングラーの凄さは十分過ぎるほど聞きとれると思う。

68 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 18:57:07 ID:hFF4c2sa
RCAは今まで50年間なにをしてたんだよwとも言いたい

69 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 20:29:59 ID:wTk5Bqg1
すくなくとも親会社が傾いてからは何もしてなかった。
でも何もしてなかったのが良かったともいえる。

70 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 20:57:59 ID:Mhlamrwy
マスター・テープの保存状態が良かったのはもっと評価されてもいい。
未聴CDがどうのというスレがあるが、あんな感じ。
保存は良い。

利用してないだけ(笑)


71 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 12:49:34 ID:BlaQxPdR
>>70
同意、だからこそXRCDはもっと出してほしい


72 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 14:59:02 ID:2Wyw6CEr
日本人の神経質な面があったからこその好企画だと言えるかもしれない。

73 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 22:43:04 ID:OnmhsrbK
XRCD盤を聴くと、その音彩のあざやかさはステレオ録音のクレソの比ではない。
イタリア人はすごいよね。

74 :名無しの笛の踊り:2008/05/21(水) 18:06:08 ID:fjutlHeI
でも戦場では役立たずなんだよなあ

75 :名無しの笛の踊り:2008/05/21(水) 23:58:50 ID:UhHa1FZf
戦場を音楽、イタリア人を日本人に置き換えても筋が通る。
なんか面白いね

76 :名無しの笛の踊り:2008/05/22(木) 07:00:51 ID:gCWJogR6
業者にとっては、権利切れのトスカニーニで商売しようと思ったら
XRCDを売るしかないわけで。
だが、おいらはただで聴ける方が嬉しい。

77 :名無しの笛の踊り:2008/05/22(木) 07:41:02 ID:2e1ml6TZ
XRCDについては、マスターテープの保管を適正におこなっていたからこそ出来たこと、感謝です

日本とアメリカと比較すると、マスターテープや昔のフィルムの保管の適正さという点で全然レベルが違うね

例えば日本の犬HKの大河ドラマなんて、放送が終わったらテープを上書きしてしまっていたので、全巻残っているのは昭和51年が最古(しかも次の年は現存しない)という体たらくだしね



78 :名無しの笛の踊り:2008/05/22(木) 08:40:51 ID:Ws5bsY6u
新世界xrcdが安いのでage
http://www.hmv.co.jp/campaign/dotd.asp#8

79 :名無しの笛の踊り:2008/05/22(木) 12:10:01 ID:14DSV5Wy
今度はローマ3部作だよ

80 :名無しの笛の踊り:2008/05/23(金) 09:10:38 ID:uQfcQPqS
>>77
レコード会社とテレビ局を比較しても無意味。
日本だってレコード会社は自前のマスターはちゃんと管理しているし
アメリカでもテレビではビデオテープ上書きしていた。
最初のカラービデオはテープが1時間分1千万したんだぜ。

もしアメリカのテレビ局がビデオテープ全部保管していたら
クラシックの映像資源はすごいことになってたと思うけどね。

81 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 10:37:44 ID:3R2jR9Zf
>>80
トンクス
さすがにトスカニーニーのテレビジョンコンサートのフィルムは上書きされなかったみたいですね

ところでXRCDマダー、チンチン

82 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 10:56:27 ID:FpSZnybu
>>81
>トスカニーニーのテレビジョンコンサートのフィルムは上書きされなかった

フィルムは上書きできないからねw
マジレスだけど,残っているもののかなりはキネコ(ビデオ画像を
フィルムに転写したもの)に見える。中には明らかにビデオである
ものもあるけどね。日本のテレビ番組でもキネコになったものは
ちゃんと残ってるよ。「私の秘密」で金悟楼が出てるのとか
ときどき放送されてるのはキネコ。

83 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 12:44:37 ID:3R2jR9Zf
>>82
トンクス
こちらの間違いでした(つД`)


84 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 13:53:37 ID:9sythhvp
ローマ3部作、先届いたので今聴いてる

85 :名無しの笛の踊り:2008/05/26(月) 13:54:39 ID:YrAa3QG8
ローマ三部作と新世界が犬から届いたのでつまみ聴きをしているんだけど、
新世界の鮮明さには本当にびっくり。

86 :名無しの笛の踊り:2008/05/26(月) 16:01:10 ID:784Cbij9
ローマ3部作もええやん アッピア街道の松とか壮絶極まる。新世界からはティンパニがどかーん

87 :名無しの笛の踊り:2008/05/31(土) 16:28:57 ID:7PznfXM6
XRCDのサイトしょぼいですね
次回のリリース予定を見ようとしたら犬のほうが情報充実してるという。

88 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 21:21:50 ID:UYWl2ZHN
>>87
同意、せっかくいい仕事をしているのだから、お知らせは早くお願いしますだ。
本当にXRCDが待ち遠しいです。高くても買う価値がある数少ないシリーズと思う

89 :名無しの笛の踊り:2008/06/10(火) 21:54:59 ID:pcrNhjJJ
保守

90 :名無しの笛の踊り:2008/06/10(火) 22:01:54 ID:TTmkoyt4
XRCDマダー、チンチン

しかしXRCDのリリースがかなり間が開いてきていますね。作業が時間かかっているのかしら

91 :名無しの笛の踊り:2008/06/11(水) 23:44:10 ID:yerjZY/6
       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ|           ::::::::
         :::::     ____ |ミ|          ::::
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ 
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ 
  ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了               /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----U             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::              ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /                     ヽ::            d⌒) ./| _ノ  __ノ



92 :名無しの笛の踊り:2008/06/12(木) 11:38:06 ID:BWzcfgEG
犬では来月発売の新譜がぼちぼち予約開始を開始、その中にはまだぬあいてす
夏ごろって見たけど八月下旬とかだったら嫌すぎる

93 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 20:16:42 ID:Xad8fV1+
XRCD出なーい。代わりにopera shareあたりでミサソレとかNYフィル
との古いヤツがだいぶ挙がっていた。既出だが。

94 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 20:07:57 ID:3tm/o3u6
XRCD期待あげ。
しかしこのジャケットは嫌がらせとしか思えない。
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2692105

95 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 00:34:54 ID:h7e/Q2sJ
ttp://www.hmv.co.jp/news/article/806190140

96 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 01:29:14 ID:w0e/S/Mw
今さらイラネ

97 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 06:04:22 ID:8heoOz1I
>>96
同意、LP用劣化マスターの音源はイラネ

早く次のXRCDを期待

98 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 13:19:19 ID:5RNfoMz4
>>95
*おことわり:LPからの復刻ですので、LP特有のノイズが混入します。

・・・


99 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 18:01:02 ID:5RNfoMz4
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b84080941

ヤフオクの人気に嫉妬。


100 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 19:18:35 ID:IMPCA+6V
100ですな

101 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 22:24:35 ID:HnmuE8f+
ttp://www.hmv.co.jp/news/article/806200134
ようやく出ますね、イタリア


102 :名無しの笛の踊り:2008/06/21(土) 09:45:22 ID:+qhXTwSI
>>101
トンクス
やっと出ますね、一ヵ月先が楽しみ。

すると英雄は一番後か

103 :名無しの笛の踊り:2008/06/21(土) 13:40:00 ID:getEVara
イタリア・宗教改革とベト1・7ね。

7/27が待ち遠しい。

104 :名無しの笛の踊り:2008/06/21(土) 19:45:09 ID:JcsCk/AA
ほんと、待ち遠しい。
1と7がくるとはなぁ。
どうせだったら一気にベト全を出してくれー

105 :名無しの笛の踊り:2008/06/22(日) 01:00:41 ID:RKZ5xpIG
七重奏曲もXRCDで聴いてみたいな
あれも名録音

106 :名無しの笛の踊り:2008/06/22(日) 16:07:58 ID:7CAqODjH
XRCD発売まで、気長に待ちます。

今まで「トスカニーニのワーグナー」っていうと1954年の最後のコンサートの録音しか知らなかったが、
たまたま1946年のルツェルン音楽祭でのライヴ録音を聴いた。
マイスタージンガーの第一幕への前奏曲と、タンホイザー序曲とバッカナーレ、随分キレが違う・・・

107 :名無しの笛の踊り:2008/06/22(日) 17:20:13 ID:RKZ5xpIG
>>106いいライヴ録音を聴かれましたね。これはトスカニーニの数あるライヴ盤の中でも
出色の出来映えです。ルツェルンのクンストハウスは残響が長くて、通常のトスカニーニのライヴ盤とは
かなり異なった感じに響いています。両曲とも常ならぬ壮大な歩みで開始されているのが印象深いです。

またバッカナーレでのめくるめくような怒涛の色彩美と、終末の絶美の陶酔感は
スカラ座のオケのしなやかな演奏あってのものでしょうか。

同日演奏のエグモントも遅いテンポの重厚な演奏。ベト1もくつろぎが感じられて彼の同曲ベストの出来。

このライヴ盤は46年第九スカラ座ライヴ(これも最高でした!)との2枚組でM&Aから出てましたが
まだ手に入るかな

108 :名無しの笛の踊り:2008/06/22(日) 17:37:59 ID:99/DFc5e
>>106
最後のコンサートのトスカニーニはやはり少々たがが外れているって言うのか、
トスカニーニの演奏の中ではめずらしくだめな演奏です。
ワグナーの他の演奏はこの指揮者の中でもヴェルディやドヴォ、ロッシーニ、
・・・あげたらきりがないが、そられと並んですばらしい。透明感のある、心が
洗われるような演奏です。心の洗われると言えば、ナクゾスから出ているバッハの
管弦楽組曲3番(ライブ録音)の有名なアリア、ほんと、お見事の一言です。
何度も何度も聞いて浸りたいような演奏です。

109 :名無しの笛の踊り:2008/06/26(木) 02:19:29 ID:pKN/BnIC
ヴェルディのレクイエム新しいやつ買った人いませんかね。↓コレ
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2733840

110 :名無しの笛の踊り:2008/06/26(木) 12:02:02 ID:/XagRamk
犬で安くなったベト9のXRCDを買って、RCAの廉価ボックスのベト全(RCA Complete Collec)と聴き比べてみたのだけど、あまり違いがないように聴こえる。
ヴァイオリンの響きがちょっと自然かなとか、細かい部分での差が感じられないわけではないのだが。
昔の大全集(言い方がよくわからないが)に比べると格段の差があるし、新世界もローマ三部作も大全集に比べるとめちゃくちゃ良かったということからすると、廉価ボックスベト全が意外に大健闘なのではないかな。
って、単に俺の耳が悪いだけか・・・。

111 :名無しの笛の踊り:2008/06/26(木) 13:37:02 ID:FIefIlCf
評判が良かったんで、私も買ったけれど、明日かなつくのは。
期待してたんだけど、そんなでもないのか・・・
ただ、トスカニーニ全集CDのシューベルト交響曲5番は
同曲のLPに比べるとかなり悪い。LPでははつらつとした演奏だったのが、
のっぺらぼうの、鈍な演奏になってたね。

112 :110:2008/06/26(木) 13:46:52 ID:/XagRamk
>>111
誤解を与えたらごめんだが、
廉価ボックスが案外いいのではないかというだけで、
XRCDが全集に比べたら物凄く良いということは間違いない。


113 :名無しの笛の踊り:2008/06/26(木) 14:59:40 ID:FIefIlCf
>>112
OK.
よかったら新世界を買うつもり。胸のすくような、背筋のピーンとなる
ような演奏だったもんな。この人の演奏を聴くと、ほんと、幸せを感じる。

114 :106:2008/06/26(木) 18:02:31 ID:zkGvaTun
>>107-108
興味深いレス感謝。

46年のルツェルンライヴを、浅薄な経験と感性振り絞って何回か聴いてみましたが、NBCSOとの録音とは違った顔が見えました。
ところどころで味付けがいつもとかわっているのも、ライヴの面白さでしょうか。
XRCDでのワグナー集にも期待したい。46年スカラ座での第九、バッハの例のアリアも探してみます。


115 :名無しの笛の踊り:2008/06/26(木) 23:22:01 ID:NlC6X4+0
いつの間にかXRCDスレになってる。
おれはXRCDなんてどうでもいいんだが。

116 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 11:38:06 ID:PRyut3uo
>>115
すでにお亡くなりになった指揮者だから新録音は基本的に出てこない。
となると、リマスター話になるのは仕方がないとは思うよ。

ライバルの某指揮者に比べれば、怪しげな板起こしの話にならないだけ
まだここは健全のようにも思う。

117 :111:2008/06/27(金) 14:25:12 ID:LWem1wYI
>>112
XRCDの第9届いたんで従来のものと聞き比べてみた。
私の耳も悪いのかと思いました。こんな値段で買うだけの
価値はないと思います。ましてや買い換えなんてする必要は
さらさらない。XRCDの方が多少雑音がないのかな?しかし、
雑音といえば、LPなんかはかなりある方だし、実際、LPも
かけては見ましたが。
新世界XRCD買おうかと思ったけれど、止めにしたし、すっかり
XRCDの興味も失せた。

118 :110:2008/06/27(金) 16:10:36 ID:d/uLBGA8
>>117
新世界は、少なくとも全集のとはずいぶん違うとは思います。私は、正直びっくりでした。だからこそ第9も買ったのですが。

119 :111:2008/06/27(金) 17:11:29 ID:LWem1wYI
>>118
そうか、新世界はかなりいいのか。でも第9がこの程度だとしたら、
これからのやつもそんなに期待もてないかも。
新世界は日本盤の廉価盤1000円のを買ったのかな。

120 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 20:08:58 ID:53N/BZvH
自分は第九の方がびっくりした。広がりはないけれど(もともとモノラルだから当たり前か)、迫力は半端じゃない。
ただ、確かにあの値段はキツいものがあるw

121 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 20:52:35 ID:xryxWz4z
まあどの程度のオーディオを使ってるかによっても
評価は違うだろうね。5%良くなるのに2倍の金払っても
平気な人もたくさんいるからね。

122 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 21:57:33 ID:6o/ZgfI5
個人的にはXRCDは、音を大きく出せるか、ヘッドホンで聞くと音質がすごいことが改めて感じます

音の善し悪しは人の主観もあるとは思いますが、個人的には3500円払ってもいいかなと思います

123 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 10:58:11 ID:DSCTqici
ヴェルディ12枚、5000円ちょいの廉価CD届いて、レクイエム再生中。
これで'51年録音?
XRCD化で音質劇向上するなら、ほとんど新譜では。。。

124 :111:2008/06/28(土) 11:25:13 ID:E7lCoGe3
> XRCD化で音質劇向上
しないよ、残念ながら。

125 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 15:54:43 ID:wA1/1g36
>>122
私見ですが、XRCDを聴くときはヘッドフォンを使わないようにしています。
ヘッドフォンだとレンジの狭さが気になってしまう。「広がり」ならば、擬似ステレオ加工してある方が適していると思います。
XRCDは「音を大きく出せる時」がいいですね。「鋭さ」が際立つし、「高音と低音」が生々しいほど響く。

「音質劇的向上」は人によりけりじゃ? 元々トスカニーニの晩年の録音は総じてノイズが少ないし、「音質向上」と言ってもモノラルがステレオになる訳ではないし。

126 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 15:55:07 ID:sE8WmKEB
今後のリマスター合戦に付き合わされずに済むだけの説得力を感じたから買ってもいいかな。
個人的にレスピーギに感動したのもあったし。

でも、そしたら次はSACDとか新しいフォーマットの登場で悩むかなー。
トスカニーニ没後50周年ということなので納得しておこう。

という結論に達しました。

127 :122:2008/06/28(土) 19:48:40 ID:9CQyUQLf
>>125
アドバイスありがとうございます、確かに大きい音で聞くと、XRCDの音質改善は明白ですね

変なリマスター合戦に巻き込まれなくて済むことに感謝します

128 :名無しの笛の踊り:2008/06/29(日) 22:41:06 ID:94PeIDki
トスカニーニスレは平和でいいな



129 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 18:28:19 ID:txQ5gUF/
ミュンシュスレでみつけた
http://www15.ocn.ne.jp/~daikunoi/bestdisk1.html

130 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 18:40:23 ID:7j372kDK
>>129
サンクス。面白そうで読んでみた。

ベートーヴェン交響曲第5番
(イギリス)Bトスカニーニ指揮ニューヨークフィル<1933>(NAXOS 8 110840=海外盤)

え? 何故にこれ? 


131 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 19:55:39 ID:txQ5gUF/
グラモフォンクラシックゴールドCDが選定困難?で3枚挙げた曲

バルトーク弦四
ベートーヴェン5番
シェラザード
春の祭典
四季

結構新しめの録音が多かったけど、ヒストリカルだと
ベト5のトスカニーニ
春祭のマルケヴィチ

よくわからないけど、いぶし銀を感じた

132 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 21:31:15 ID:OYqHSYb5
>>130
24. ブラームス 交響曲第1番
@ミュンシュ指揮パリ管<1968> (EMI TOCE59012)¥1700
Aクレンペラー指揮フィルハーモニア管<1956~7> (EMI 567029-2=海外盤)
Bアーノンクール指揮ベルリンフィル<1996,97> (テルデック WPCS5917~9)¥7034
Bザンデルリンク指揮ドレスデン国立管<1971> (デンオン COCO70490)¥1050
Cベーム指揮バイエルン放送響<1969> (オルフェオ KKCC4274)¥2650
D小沢指揮サイトウ・キネン管<1990>(フィリップス PHCP21001)¥1800
E-
Fアバド指揮ベルリンフィル<1990>(DG POCG20027)\2039

俺としては→D小沢指揮サイトウ・キネン管<1990>(フィリップス PHCP21001)¥1800
のフランスでの人気の高さにびびった。

133 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 23:34:56 ID:V9MYWN0p
>>132
フランス人の小澤好きはガチ。てか異常。日本以上。
一方で、フルネとかクリュイタンスのフランス系の指揮者は
フランスよりも日本のほうが人気があったりする。
なにこの逆転現象。不思議だよな。


134 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 08:25:20 ID:laWu3f5z
フランスはエキゾチシズムが大好きだよね。
黒人とかアジア人がヨーロッパの音楽をやっているという
ゲテモノ趣味に魅了されるんだろう。

135 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 18:22:22 ID:VibGfV0D
逆も然りで、日本人はヨーロッパに飢えている…?

136 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 19:54:44 ID:At0HyXFd
準メルクルはとてもいい指揮者だと思いまつ。

137 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 22:29:30 ID:VibGfV0D
次のXRCDにも期待してる。
今度のやつで取り上げられた、1951年11月9日10日録音のベートーヴェンの七番、UV22復刻盤(で通じるだろうか)で久しぶりに聴いたんだが…
第4楽章の再現部になったら、いきなり弦のキレ、金管の唸りが鮮明になったように聴こえた。「10日のライヴ放送録音と9日のテイクを組み合わせた」とライナーにあるが、RCAの正規録音した部分が高音質なのか?
俺の気のせいだろうか。
「レコード芸術」見たら、両日とも全曲録音されたみたいだが。

138 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 00:23:40 ID:3PCZJNDn
>>137 
確かに、こちらも同じCDを持っていますが、全体的にかなり音質がいいですからね

第九もU22で今までのCDより飛躍的に音がよくなりましたからね。次のXRCDに期待

まあマスターテープがしっかりしているから、板起こしに手を出さないで済むしね

139 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 04:58:48 ID:oSzK2I8l
板起こしでよかったためしあるんですか?

140 :111:2008/07/02(水) 09:43:53 ID:OiT1wpFY
xrcdが”飛躍的に”音が良くなったって書いている人多いけれど、
再生装置は何?しょぼいものかそれともIPODまがい?
ちゃんとした装置で聴けば、xrcdの方がいいとは認めるけれど、
値段のさほどの買いはないし、むしろ差があるって言うよりは差がないって
言う方が正解なほど、改善はしれたもの。
1番いいのはLPかな?音の自然さが違う。

141 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 11:06:17 ID:3PCZJNDn
>>140
録音のよい状態のLPの音は確かにいいですね。ただそれをCDに板起こしするとがっかりさせられることがほとんどです

シューベルトの第五は確かにCDになって悪くなったと思いますが、XRCD自体はかなり音がよくなったと個人的には思っています

もともとトスカニーニの録音はトスカニーニ家の高級電畜向けなので、やっとこちらの装置も追い付いてきたのかな?

142 :111:2008/07/02(水) 11:18:43 ID:OiT1wpFY
>>141
繰り返しになるが、第9ではそれほどのインパクトがなかったんだが、
118氏も書いておられるので、新世界だけはxrcdで買ってみるよ。
トスカニーニのLPはかなり持っているが、扱いやすさではCDには
かなわないからね。


143 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 17:03:32 ID:410O01xW
「LPの方が扱いやすい」って、どういうことですか?
レコード持ってないので…教えて頂けないでしょうか。

144 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 17:29:02 ID:YTXdyaDC
>>143
>トスカニーニのLPはかなり持っているが、扱いやすさではCDには
かなわないからね。

>扱いやすさではCDにはかなわないからね。

>CD「には」かなわない

145 :118:2008/07/02(水) 17:39:38 ID:U2xCi+LF
>>142
xrcdは4枚、買ってみました。全部、犬でセールになったものですが。
聴いてみた感想ですが、少なくともxrcdになって悪くなった、ということだけはない。そこがほかのリマスタと違うところで、安心して買うことができると思います。
音質がどの程度改善されているか、ということについてですが、4枚とも全集のを持っているわけではないので不正確になるかも知れませんが、全集のよりはかなり良くなるという印象です。従って、全集との比較だけで考えると、xrcdは高くない。
ただ、全集以外のものとの比較で言うと、第9は廉価ボックスのと余り違いがないという印象でしたし、ローマ三部作は国内1000円盤と違いはあったけれどもこの程度の違いなら1000円盤でもいいかな、と思える感じでした。
小品集(Toscanini plays Your Favoritesu)は、ほかにCDを持っていないので比較出来ないのですが、xrcdを聴く限り、かなり高音質です。
以上、私もそんなに耳がいいとは思っていないので、参考になるかわかりませんが。

146 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 21:06:50 ID:0DenFEf8
>>144
了解。拙問失敬w

>>145
XRCDは音がいい。
が、トスカニーニの顔がアップでプリントされているシリーズ(2枚組みのやつ)も、あの値段であの音ならば素晴らしい。
少なくとも、「これまでの復刻は酷い」ということはないと思う。

147 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 23:07:19 ID:QwpegWyo
>>146
確かにあの二枚組は音がよかった。ベト3が特に目が覚める音と演奏だった。個人的には最後のシーズン一番の名演だと思う

148 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 10:46:23 ID:ehGqjEps
CD初期の物の方が音に勢いがある。20年以上前だからマスターの劣化も少ない。
XRCDは、音が鈍く ふやけている。かなり音を弄っている感じ。
XRCDが良い音に聴こえるのは、オーディオが糞だという証明だよ。

149 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 11:19:11 ID:t1zy9UKu
XRCDの方が音に勢いがある。20代前だから耳の劣化も少ない。
初期CDは、音がきつく きたない。かなり音を弄っている感じ。
初期CDが良い音に聴こえるのは、耳が糞だという証明だよ。

150 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 12:25:29 ID:saxu2VPZ
アンダンテ・レーベル限定特価
ttp://www.hmv.co.jp/fl/12/336/1/

151 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 19:40:53 ID:6k2lncir
初期CDは音が最悪、ベト3を買ったら、あまりにもヒスが多いので、LPに逆戻りした経験があるよ

全集でLPを放棄


152 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 20:07:16 ID:6bF4tiH+
これまでのXRCD、特にローマ三部作を試聴できる店ってある?
トスカニーニはそれほど思い入れのある指揮者じゃないが、
ローマ三部作と近日発売のイタリアはXRCD聴いてみたいが
いかんせん価格が高い。明らかに違えば買いたいが・・・

XRCDは10年近く前にミュンシュのオルガン付で1回聴いたことがあるだけだが、
同時期に発売された1,200円の廉価盤とは明らかに異なる音質に驚いたこと記憶が
ある。だから杉本氏のリマスタには信頼していいと思うのだが・・・


153 :152:2008/07/05(土) 08:16:12 ID:7LSupQVg
ところで、2000年頃に発刊された、許光俊他の著作「クラシック、マジでやばい話」
で、ヒストリカルオタの平林はローマ三部作の初期国内盤CDの音質を絶賛し、
逆に全集盤をケチョンケチョンに貶していた。
そしてまた、同時に当時既に発売されていたXRCDを絶賛し、トスカニーニ
の録音のXRCDを熱望するようなことも書いていた。
そしてそれが現実となった現在、彼は盤起しのローマ三部作を作成し
発売しようとしている。
評論家とて人の子、金儲けのことしか考えてないと改めて思った次第。

154 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 08:33:55 ID:W7C0Tqmj
初期盤よくない。
xrcdの圧勝。

155 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 08:44:23 ID:vjPyX59b
>>154
同意、初期CDはXRCDどころかLP以下だと思う

私見だが、例えばベト3の53年録音の音質は、2001年の2枚組>>>>今の廉価盤>>>全集>(音質の壁)>>>>LP>>>>>>(テープヒスの壁)>>>>>初期CDと思う。全部買った身としての私見ですが。

156 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 11:01:18 ID:wK/FAOrC
>155
オレと全く反対で面白いね。
マスターテープの鮮度がゼンゼン違うよ。
XRCDはコンプレッサーかけまくりで、ノイズが抑えられ微小信号が聴こえない。
ピークも丸められて耳当たりを良くしている。

スピーカーのエージングを充分にして、真空管アンプで聴いてみたまえ。

157 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 12:05:30 ID:vjPyX59b
>>156
ご教授ありがとうございます、機械音痴の身ですが、真空管スピーカーですか。見たことがないし残念ながら持っていない身分としては、折角いただけたアドバイスを活用できなくて申し訳ありません。


158 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 16:12:55 ID:t6ETWFm7
平林はローマのXRCDは(今は)あまり評価してないとか

159 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 16:26:48 ID:vNLiJFdc
マエストロが、1937年のザルツブルグ音楽祭でウィーンフィルを指揮した魔笛とマイスタージンガーの録音、「音が貧しい」というレビューを結構見ますが、そんなに?

160 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 18:08:56 ID:58BAuXBT
37年で大編成で歌手がバタバタ動くオペラでライブ。ここまでそろって音が良い分けがない。

161 :111:2008/07/09(水) 18:37:07 ID:UiRIjMQm
andanteから出ているトスカニーニのモツ41番、
彼の41番は2つあると思うけれど、40年(M&Aから出ている)と
45年(RCAから出ているやつ)、andanteのはやっぱり45年のかな?
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2757179

162 :名無しの笛の踊り:2008/07/09(水) 20:21:14 ID:YiSPY06R
>>161どうも45年盤っぽいですね
でもジュピターは40年ライヴの方が絶対にイイのに!

163 :名無しの笛の踊り:2008/07/09(水) 21:03:36 ID:UiRIjMQm
>>162
やっぱりそうでしょうねえ。
40年ライブの方がいいのですか。
45年の演奏が気に入っていて、ジュピターの
名にふさわしい、”かっこいい”演奏で、気の引き締まる、
すがすがしさを感じます。40年の方がいいんですね?
録音状態はどうですか?45年盤なみでしょうか?

164 :名無しの笛の踊り:2008/07/09(水) 21:45:58 ID:YiSPY06R
>>163音質は40年ライヴも問題ないです。楽器の分離はライヴの方が
よく分かり、また低音がより強靭に響いてます。
演奏に関しては好き好きだと思いますが、
40年盤は1楽章が45年盤より遅いのでかなり違った印象に聴こえます。
これを気に入るかで評価が分かれるでしょう。
他の楽章の差異は小さいです。演奏場所の違いによる
響き方の差のほうが大きいです(40年盤は8Hスタジオ)。
ディテールにこだわった40年盤に比べると、
45年盤の方が端正に聴こえますね。

絶対イイなんて書きましたがやはり45年盤も悪くないですw


165 :名無しの笛の踊り:2008/07/12(土) 15:01:31 ID:iERon0Wr
ジュピターかあ、45年版はかなり面白い演奏に思うけど、モツ正統派からみたらプギャーな演奏でもあるみたいね

166 :名無しの笛の踊り:2008/07/12(土) 16:11:10 ID:iNznRap8
>>165
そうかなあ?トスカニーニのきびきびとした演奏の後で、
たとえばワルターを聴くと、たががゆるんだ演奏としか聴けない。
41番に関してはそう思う。


167 :名無しの笛の踊り:2008/07/12(土) 19:08:41 ID:iERon0Wr
>>166
トンクス∩(・ω・)
もう一度心を無にして聞いてみるよ

あとはやくXRCDの発売日が待ち遠しいです

168 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 21:50:49 ID:n80XG+8D
1945年のジュピターでは第三楽章の扱いが疑問です。
SP片面にすべて収めるために速く演奏している。
(それでも盤面は一杯で、内周では音が悪い)
トスカニーニはレコード録音が嫌いだったくせに
こういう妥協は平気だったらしいです。
結婚行進曲もしかり。


169 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 14:04:04 ID:Iu4Lajew
確かに45年は終楽章のコーダもロボット兵隊の行進のような異常なテンポ
で終わるが、40年は普通のテンポだよね。

170 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 23:25:28 ID:y8ttSjDp
>>169
どこかの18世紀スレにあるように、モーツアルト自身が聞いたら泡吹いて倒れる演奏

だけどなぜそういうテンポになったかは、トスカニーニ自身がモーツアルトを退屈と思うようになったからでは?

171 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 12:49:14 ID:hNJqMdHl
>>168
レコードが嫌いだった、つまり「自分の芸術はこんなものでは伝わらない」と思っていたから、テキトーなやっつけ仕事だったのかも。

172 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 17:35:11 ID:e4g/v7/r
トスカニーニ関連の文献をみると、レコード録音自体にあまりよい感情を持っていないのは明らか。

でもNBCの仕事を受けたりするなど、新しい流れにも敏感なんだよね。そこらの柔軟性はすごいと思うよ。

173 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 19:21:29 ID:fhcPaVko
単なる新物好きのジジイだよ。
芸術とは無関係。
オレのジイさんもそうだったから判るよ。

174 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 19:52:49 ID:iRw9JeIK
>>173
トスカニーニもお前のじいさん並みのレベルになってしまったか。。。

175 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 07:37:33 ID:bcAldJ4W
>>172
NBCSOを受けた時はおだてられたんでしょ?w おだてるに足る人物だが。

トスカニーニって苛烈なリハーサルで有名だけど、罵詈雑言も得意だったのかな。
「指揮の芸術」でキレるシーンがあるが、字幕は大した事ないけど、もっとヒドいこと言っているようような気がするw

176 :名無しの笛の踊り:2008/07/22(火) 17:45:45 ID:KuQZE39v
>>175
実際の言葉は字幕にできない代物。ただ少なくてもNBC時代は、暴れても執拗な個人攻撃ではないので団員は耐えられた。

あと、NBC就任は新しいもの(放送)に興味をもったことと、政治情勢が味方したことが大きい



177 :名無しの笛の踊り:2008/07/22(火) 19:41:11 ID:spVEC+fH
ギャラもよかった。

178 :名無しの笛の踊り:2008/07/22(火) 21:50:05 ID:vWju2QNI
そういばギャラって、今の貨幣価値でいくと、ワンコンサートでいくら
もらってたんだろう?

179 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 07:58:50 ID:08sfPeZI
>>178
諸石氏の「よみがえるトスカニーニ」によれば、1937年は10回のコンサートで4万ドル(慈善演奏会は除く)、一回辺り4000ドルだけど、今の貨幣価値と違うから、そのまま円レートにしてはダメみたい

180 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 14:59:54 ID:y/skoXsC
XRCD発売ばんじゃーい

181 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 18:02:54 ID:A2pn9Ktp
お、店頭に並びましたか
近々、犬に立ち寄ってみよかな
最近、運命もXRCDで聴いてみたくなってきた

182 :名無しの笛の踊り:2008/07/26(土) 08:58:32 ID:ctuoNpBy
XRCDで、そのうちワーグナー名曲集も出るはずですが、XRCDに取り上げられるための条件をクリアしていて、今度のXRCDに収録されそうな曲って、どれでしょうか?

183 :名無しの笛の踊り:2008/07/26(土) 09:19:25 ID:KCd3kifA
>>182
ローエングリン、トリスタン、ジークフリート牧歌、マイスター第3幕前奏曲、
森の囁き、死と葬送、ラインへの旅、騎行、といったあたりかな

地下鉄の騒音のひどいパルジファル(49年録音)は微妙

184 :名無しの笛の踊り:2008/07/26(土) 18:43:22 ID:ctuoNpBy
おお ありがとうございます。
なかなかのラインアップ。個人的にはマイスタージンガーの第一幕前奏曲、ローエングリン第三幕せが欲しがった…
森のささやきやトリスタンは嬉しい。

185 :名無しの笛の踊り:2008/07/27(日) 08:13:37 ID:dgkZexYA
イタリア、どうでした?

186 :名無しの笛の踊り:2008/07/27(日) 08:15:18 ID:5Me57cKN
>>185
さすがにパスタは美味かったな。

187 :(つД`):2008/07/29(火) 23:08:03 ID:waZJLl1h
XRCDまだ出ていないのかな。お店に無いよ〜

188 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 22:44:48 ID:aOoFDg7f
XRCD2枚ゲト。
昔から音が良かった宗教改革の第4楽章終結部ティンパニに萌え。

189 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 23:41:59 ID:b+ihHad/
ベト7&1は7がよろしくない。
1はすてき。

190 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 20:28:58 ID:WYffWkYN
1は良いね。神棚に捧げたい。

191 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 23:32:27 ID:4+Uvg8F0
xrcd買って聞いた。
メンデルスゾーンは、特に宗教改革の音質がすごく向上、イタリア
と比べてマイクの位置がやや遠く、残響を多く拾っている。

また、イタリアも音質が大変良くなった。そのため、第一楽章途中の
テープのつなぎ目がモロバレになった。
(ライブからリハーサルに切り替わる部分、ライブはその直後
テンポを落とすが、リハーサルでは一直線)

とにかく、音質的にはこれで決定打かな・・・・

ベートーベンも今から聴くけど楽しみ

192 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 07:02:01 ID:xTNOJgVQ
XRCDのベートーベンの第一、第七の音質もすごくよくなった

個人的にはどちらも演奏は良いと思う。第七はかなり意見が分かれる
演奏だとは思いますが・・・

193 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 12:34:25 ID:+3fdZ+GE
7番の録音年月日はいつですか?

194 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 14:20:37 ID:KVSsZYY1
>>191-192
レポ乙華麗。俺は好きだけどな、あの七番。すこし急いてる感もあるが。

>>193
1951年11月9日のスタジオ録音と翌10日のライヴ録音の編集盤。






195 :名無しの笛の踊り:2008/08/02(土) 13:23:47 ID:Tyis3DWP
かなりXRCDは評価が高いですね。

こちらもイタリアを聞きましたが同意です。

あと、
>>191
さんのいうように、イタリアの第一楽章のテープの繋ぎ目
がわかるのは、つないだ直後の2つの音だけこもる音だから
かな。

おそらく、今までの音源はその部分をうまくごかましてある、後に
つくったマスターを使っていたが、転写した方のマスターは劣化
してきたので大元にもどったら音質が非常によかった〜という
ところかな。

196 :名無しの笛の踊り:2008/08/02(土) 13:25:51 ID:TOSxzC3/
どうせ数年後XR SACD出して買い直させるんでしょ

197 :195:2008/08/02(土) 13:49:34 ID:Tyis3DWP
>>196
確かにそうかも知れないですね。そのときになったら多分
買うと思います・・・・・(つД`)

でも、誰かみたく板起こしCDが乱発している実情からみると、
今はXRCDを買えば良い状態にしてもらっていることが
いかに有り難いが感じます。

198 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 16:33:25 ID:FEukJBw+
いずれトスカニーニも出るのかな
ttp://www.hmv.co.jp/news/article/808010108

199 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 16:36:48 ID:dcB1KWdY
第7と1のxrcd、データベース登録されてなくて曲名出ねぇ・・・

200 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 20:45:28 ID:Gev9Dzxq
iTunesか?
自分で打てよ。おれ全部データベース化したぞ。
一定のルールで。

201 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 23:52:51 ID:dFhvqGIT
>>198

確かに、トスカニーニもこれでお願いしたいです。

今回のxrcdはブラームスが一曲もないので、こちらで
お願いしたいです∩(・ω・)

202 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 08:46:41 ID:ydqg1aq9
>>200
>一定のルールで。

それを外部データベースに送信しないでくれよ。
へんてこな表記法がダウンロードされて笑うから。

203 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 09:22:39 ID:sjabkhGw
送信しねーよ。嫉妬すんなw
間違いなくおれの表記法がベスト。見やすいし情報もしっかりしてる。


204 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 09:48:04 ID:COCAG/I6
Itunes送信したよ。

205 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 22:54:46 ID:80nhbo5S
XRCD本当にすごい音ですね。

ところで、発売予定をみると残り3枚だが、ワーグナーと
Rシュトラウスが次かな。

ベートーベンの英雄は単独でも十分いけると思う。

出来れば、最後は3枚同時に出してほしいけどね。

206 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 15:24:36 ID:ZfeJ9zeW
XRCD。Rシュトラウスよりも
チャイコのマンフレッド(49年録音)を出して欲しかったなぁ
ローマの祭りに匹敵するほどの爆演だったから

207 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 23:16:14 ID:eIhoSsJz
>>206

同意、確かにそちらの方を聞きたい。

Rシュトラウスは、もともと音質がいい録音が多いのは確か
だけどね。



208 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 13:25:02 ID:0QCV9PNP
ボイートのメフィストフェレ/プロローグも出してほしい。
1954年の最後のほうの録音なので現状でも良い音ではあるが。

209 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 23:40:49 ID:XXMtXpPl
サン・サーンスの3番も52年にしては従来板は音がイマイチなので、
XRCDキボン。

210 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 08:36:54 ID:AhzR9JNL
>>209
ありゃ板起こしだからどうにもならんだろ。

211 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 19:11:18 ID:703faJeh
≫509
確かに、やはりマスターからのXRCD希望

というか、明らかに音と演奏がよいのがまだリストからはずれているし

212 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 07:09:39 ID:RWza7gwu
>>211

同意です、ブラームスの第一、第四や仮面舞踏会もお願いしたい。

テープがまだ良好な保存状態のうちにね。

213 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 22:00:13 ID:21qF1pg+
仮面舞踏会、良いね。

214 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 15:08:37 ID:Cyz7Dufx
加山雄三「仮面ライダー!!!!」

215 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 19:50:24 ID:6lVh0ua1
>>213

同意、そういえば、仮面舞踏会の大昔のlPに録音風景の写真がついていたな。ピアース氏だけ眼鏡かけて楽譜もちながら歌っていたのが印象的だった。

216 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 21:49:30 ID:euADS0Xb
>>215そうそう、この仮面舞踏会、公演の1週間か10日前にリッカルド役が急遽、
ビョルリンクからピアーズに変わったんだよね。
ビョルリンクの病気による変更とライナーノートに書いてあったけれど、
ビョルリンク、仮病を使ったんじゃないのかなって思ってしまいました(笑)

217 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 22:36:54 ID:euADS0Xb
付記するとビョルリンクはトスカニーニと1940年にヴェルディのレクイエムと
ベートーベンのミサソレで共演済み(共にM&A社でCD化)

しかしヴェルレクでのビョルリンクはトスカニーニ相手に
緊張したのかミスしまくり・・・
「ルクス・エテルナ」の三重唱では途中で付いて行けなくなって
彼ひとり三重唱から落っこちてしまって二重唱になっちまった箇所も・・・

こりゃ指揮者は激怒するのでは

218 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 23:03:39 ID:6lVh0ua1
>>217
トンクス

仮面舞踏会は結果的にはピアースでよかったような気がします。
ピアース氏の声質は独特なんだけど、個人的には結構気に入っています。椿姫の女性歌手のゼーゼー息切れ音付き歌唱には(つд`)ですが。

219 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 06:26:46 ID:xY76rCcU
>>218
確かに、あのゼーゼー音は不快

それはともかく、本当に仮面はXRCD化してほしい。

それには、今あるXRCDが売れないといかんのだよね。

220 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 09:46:45 ID:kbDGazDy
>>219
あの値段であの程度のリマスターなら、いらん。
いくらいじくっても、角度を変えたいじくりに過ぎない。
トスカニーニの録音はほとんど文化遺産のない
アメリカだからこそあれほど、当時としては優秀な録音で
残っている。

221 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 13:11:35 ID:Zp+HzBEH
音に関する認識は人それぞれだのう。まあ220氏も元の音質はレベルが高いとみとめていらっしゃるからいいや。

ただアメリカという国は、文化や情報の保存に大変神経を使うのは見習うべき点と思う。確かにアメリカは文化の歴史は浅いけど、歴史の浅い国がすべてきちんとアーカイブを保管しているわけではないのでね。

222 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 16:29:16 ID:PcxCiJE1
>>220
>トスカニーニの録音はほとんど文化遺産のない
アメリカだからこそあれほど、当時としては優秀な録音で残っている。

・・・どういうこと? 

223 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 17:09:25 ID:kbDGazDy
>>222
歴史の浅い国だから、歴史のあるものを大事にしようという
姿勢があるって言うこと。ここではトスカニーニが残した
演奏を大事に保存しようとして、あの年代にしてはかなり優秀な
録音が残っているのは我々にとって幸せだって言うこと。
ま、そのこととXRCD化をすべしと言うこととは別物だとは思うが、
そんなに良くなっているとはきこえないし、あれよりはLPの方が自然な
録音状態だし、それに、あの値段!もう買わないが。

224 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 17:15:47 ID:Pb4ytKCP
>トスカニーニの録音は
>ほとんど文化遺産のないアメリカだからこそあれほど、
>当時としては優秀な録音で残っている。

こうじゃないですか?

225 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 19:10:02 ID:tK4dtSBG
てか、当時としては優秀な録音で残っている。
とは思わないな。

一部に優秀な録音もあるし、水準以上のものもある。
しかし録音にめぐまれているとはとても言いがたい。

RCA録音でフリッツ・ライナーあたりのステレオ録音を聴くとつくづく思う。
このレベルでステレオが残っていればなーと。

226 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 00:04:26 ID:Zp+HzBEH
>>225
確かに8Hスタジオ録音は(つд`)ですからね。

トスカニーニがカーネギーホールで、テープ録音したのは最後の4年だけなんだよね。妻が亡くなった悲しみを紛らわすため、51〜52年のシーズンはレコーディングをかなりしているしね。

まあライナー氏のステレオにはかないませんが、トスカニーニの場合は音質がよくなればよりききばえすると思う

227 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 08:36:20 ID:AybXrNU5
>>223
ありがとう。咀嚼できた。
そういう意味では日本も似ている気もする。過去の他国の文化をこれほど尊ぶ、それでいて自分達ではなにも生み出せない。

当時としては優秀な録音かどうか・・・自分は「優秀」に一票。
フルトヴェングラーの場合のように、ひとつはとてもキレイだけど、ひとつは非常に悪い、というのがない。どれも高水準なのが嬉しい。
ステレオが採用されるのが、あと5年、いや、あと3年早ければ・・・!とか、そりゃ思うがw

トスカニーニのXRCDに限らず、昔の名演を新盤並みの値段で「高音質!」と銘打って発売されるのが最近多いから、金がある人は出したくなるんだろう。
高い金出せば、そりゃ「いい音、のような気がする」と思うだろうし、功徳もあるのかも。


228 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 09:25:14 ID:HIOAjwww
>>227
>どれも高水準なのが嬉しい。

いくらなんでもこりゃダウトだな。贔屓の引き倒し。
ま、別にいいんだけどさ。
主観だから。

229 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 09:50:42 ID:CCC5uHIn
かなり妥当な録音状態で、あれだけの数の録音が聴ける、
指揮者の年を考えれば、おんのじです。
上の方でライナー云々の話しがあったが、もちろん欲言えばきりがないし、
ライナーは1888年生まれだが、トスカニーニは1867年生まれだからね。
この年代頃生まれの演奏家の残っているものと、トスカニーニ
の残したものとを比べれば、比べようのないほど充実した形で残っていると
言わざるを得ない。
彼がヨーロッパに残っていたら今現在あるような、かなり良好な状態で、
量的にもかなりの数のものが残っていたかどうか疑わしい。
その辺が、前にも書いたアメリカの歴史の浅さが幸いしていると思う。
フルトヴェングラーと比べ、トスカニーニ演奏にはだめだなと思うような
演奏が少なく、演奏がすばらしければすばらしいほどもっといい録音状態で
残っていれば、あるいはもっといい録音状態で聴きたいと思うのは人の常だが、
その願いをXRCDが十分にかなえているとは思えない。
もちろん従来のCDよりできばえはいいのだろうが、値段がたとえば少なくとも
1500円程度までにさがらないとね。あの値段では買うのはためらわれる。

230 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 09:59:54 ID:2X3Z961P
>>228
なるほどね。まあテープ録音になってからは殆ど外れはないとおもっていますが、これも主観ですが。

トスカニーニの録音年と音質があっていないのは、47年のハーリーヤノシュが一番顕著かな。昔諸石氏の番組でこの曲だけは音質が悪くお聞き苦しい点があることをおわびしていましたし。

231 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 10:03:15 ID:HIOAjwww
>>229
>彼がヨーロッパに残っていたら今現在あるような、かなり良好な状態で、
>量的にもかなりの数のものが残っていたかどうか疑わしい。

仮定の話をしても仕方ないけど、ウォルター・レッグあたりが膨大な録音を残していた
可能性を排除できないよ。この敏腕プロデューサーは大ファンだったからね。

ちなみにレッグはマエストロの自宅まで会いに行ったと自著に書いている。
「もし私が若かったら、君のところのオケで全部録音し直したい」とトスカニーニに
言われ大感激したそうな。リップサービスもあったかもしらんけどね。

232 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 00:39:52 ID:Rcm2Ht8n
なんだか「音質」の話ばかりだな。
トスカニーニのCDに、最新の録音の響きを求めてるのか?
そんな聴き方は当たってないだろうと思うが・・・。

233 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 08:02:39 ID:LzGqA9ID
「もっと」を求めたらキリがない、という結論で差し支えないと思うw

ニコニコに1941年のコロン劇場での第九がうpされてた。すげえ壮絶。
37年のNYPとの第九もCDにならんかねえ。

234 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 09:19:11 ID:3uPNxIwb
買えよ

235 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 12:06:36 ID:Qpj37T1c
金子健志の第9の本に、合唱団が各パートごっちゃな配置になっている、と書いてあったのを読んで、改めてテスタメント1948年の第9を見ているのだけど、ほんとだね。初めて気付いた。
しかし、この48年の第9もすごくいい。

236 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 19:19:02 ID:TwDbIwZ7
>>234
売ってるのか。サンクス探してみる。

237 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 20:19:25 ID:DWXfw8O/
音は悪いが、スゴイ演奏はやはりザルツのライブですか?

238 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 23:37:18 ID:VP39Utvp
>>235
確かに合唱団はバラバラにいますね。
でもその方が音がよく溶け込むのかな?確かに演奏はいいと思いますが、独唱陣(スコット除く)がいまいちのような?

239 :名無しの笛の踊り:2008/08/22(金) 00:19:54 ID:nqSgICTP
>>233
NYPとの第9は1936年3月。
mp3なら今のところ某所でいつでも聴ける。
マエストロファンの各氏のBlogくらいたまにはチェックするように!

240 :名無しの笛の踊り:2008/08/22(金) 08:38:43 ID:pRNVJiBD
トスカニー二の第九がフルヴェンのバイロイトより数段上だと知りました。
皆さんありがとう!

241 :名無しの笛の踊り:2008/08/22(金) 08:56:25 ID:5x0ckBv9
>>226
金子本が今手元にないので不正確かもだけど、パートがばらばらだと、隣りの同じパートの声に頼れないので、必然的に声量が上がって声が前に出てくる、という様なことだったと思う。


242 :名無しの笛の踊り:2008/08/22(金) 21:20:48 ID:vPFlPElX
>>241
ありがとうございます、理解できました、合唱団のスキルがかなりないと無理ですね。演奏終了後トスカニーニがわざわざロバートショウを連れて客に紹介しただけあると思う。

このテレビ放送は確か視聴率30パーセントだったらしいけど、アメリカの人達は無料でいいものをみられて羨ましいです。

243 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 07:05:00 ID:FXrDLbHU
>>242
>アメリカの人達は無料でいいものをみられて

コマーシャルを見せられて商品を買わされているんだから。
民放が「無料」だと思うのはちょっと単純すぎるぞ。

244 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 09:20:19 ID:evfHT2Wr
>>243
>コマーシャルを見せられて商品を買わされているんだから。

前半は正しいが、後半は正しい指摘とは言いがたい。
CMで見た商品を車から家電から自動車までいちいち買うバカがどこにいる。
むしろCM見て買わない商品のほうが圧倒的に多いでしょうに。
民放地上波は無料と書いて、いちいち噛み付くほうがどうかしてる。
スレ違い失礼。

245 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 12:37:45 ID:O6WFqoSe
安くて良いCDのスレを見て、買わされる率のほうが圧倒的に高いのです。

246 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 18:23:02 ID://It+wp3
>>244
確かにそうですね。コマーシャルをみたものを全部買っていたら破産するしね。

確かにこの当時はテレビコマーシャルの力は大きいけどね。

いわゆる本物の演奏がテレビで見れたことに正直驚嘆します。

247 :239:2008/08/23(土) 23:05:37 ID:r+CbO9CQ
>>239
ありがとう。 36年・・・orz

これってCD−Rに焼いたりできませんか? 調べているけど方法が分からない・・・orz

68 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)